夫と会ったけど

別居後、ご主人と会う機会というものが取れる時があります。たとえば、ご主人が郵便物を自宅まで取りに来るということもあれば、季節の変わり目ならば、衣類を取りに来るなどのことです。こういったとき、ご主人の態度や行動がそっけないものだったり、冷たいものだと、本当に落胆してしまいますよね。

こちらとしては、別居してから、しばらくコミュニケーションをとっていなかったので、久しぶりにコミュニケーションできるかな?と期待もしてしまいますので。そこで、今回は、別居後、久しぶりに再開した乙と会話をする方法についてお伝えします。

会話が出来るか見極める

別居後に、久しぶりに再会した夫。会を出もしたいな…と思ってしまいますが、必ずしもそれが叶うとは限りません。相手が不機嫌なときもあるからです。

このような不機嫌なときに、話しかけるのが適切かどうか?ということは、しっかり判断していきましょう。例えば、相手の機嫌が非常に悪いのに、無理に話しかけてしまえば、夫婦関係もさらに後退していきますよね。それなら、まだ話しかけない方が良かったということにもなり兼ねません。

久しぶりに再開して、会話がしたいというのももっともですが、相手の様子をよく観察して「話しかけることが適切かどうか?」は見極めるようにしていきましょう。コミュニケーションは相手あってのことなので、自分だけのペースで都合を考えることは難しいです。相手の様子をみて判断していきましょう。

観察するの注釈

会話すると決めた場合

ご主人の様子を観察して「話しかけて良いかどうか判断がつかない」あるいは「できそうだ」と思った場合は、ご主人に声をかけていきましょう。

何と声をかけて良い変わらないと言う場合は、とりあえず事務用件など、感情的にならないで済むことを伝えていきましょう。それだと夫婦喧嘩などには発展しにくいですよね。

このようにまずは、何について話しをするのか?ということを決めることが大事です。

そして、もし事務用件などで相手から反応があれば、さらに突っ込んで話を続けていきます。例えば、子どもの話やペットの話し、ご主人の仕事の様子を尋ねる物などを検討していきましょう。ここで間違えがちなのは「夫婦問題について話をしてしまう」というものです。

確かに、別居のことや離婚の事、あるいは不貞関係の事など、話しをすべき重要な事柄はたくさんあると思います。しかし、久しぶりに再開してご主人と、唐突にデリケートな話しをすることは得策ではありません。そのような夫婦問題について話しをするのは、相手にも、自分にも事前準備が必要だからです。

例えば、唐突に不倫の事を取り上げて話を始めたら、ご主人も心の準備が手来ていないので、攻撃的に反論してくるということも考えられますよね。ですので、このようなデリケートな夫婦問題については、このような場面で、話しとして取り上げることは適切ではありません。注意してください。