浮気を見て見ぬ振りする

「浮気をしている」「朝帰りがある」「暴言が多い」など、ご主人に明確に問題行動があるときは、その点つにいて注意することも大切です。

しかし、夫婦関係が悪い中、怒ったり、注意したりすれば、修復はもう難しくなるのではないか?と心配もあるのではないでしょうか?

タイミングや対応の仕方には十分気をつける必要があるのですが、実は夫婦関係の修復には「注意すること」というのも大切な行動の1つなのです。つまり「修復していくには、時に注意することも必要」ということです。

ただ、闇雲に相手の問題行動を見つけて注意すれば良いということではありません。そこで、今回は「注意することは、夫婦関係の修復にも必要なこと」というテーマでお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

私も夫への不満があるので、注意したいと思う事は度々です。でも、注意する事で、夫との関係が悪くならないかなと怖くて、なかなか実行に移せません。どう言う姿勢で臨めば良いでしょうか?

注意しないことは逆効果?

よく夫婦関係が悪くなってくると、ご主人にな問題があってもそれを見て見ぬふりをする、という人がいます。例えば、「明らかに朝帰りをしていて、女がいるのではないか?」と思っていても、それに触れれば、一気に離婚問題になるので何も出来ない、ということがあります。

しかし、実はこれは逆効果。

ご主人の問題行動をみてみぬ振りをすれば、通常、その問題行動は増長していく結果になるからです。ご主人からすれば「何も言われないのだから、かまわないだろう」ということになってしまうのです。

問題行動が増長していけば、今、離婚問題にならなくても、早かれ遅かれ、ご主人から「離婚してくれ」と言われることにもなってしまいます。だからこそ、相手の問題行動がある時はきちんと注意していくことも大切です。

夫婦関係の修復にもプラス

もちろん、問題行動を叱責すれば、一時的に夫婦関係が悪くなったり、反発を招いたりしてしまいます。しかし、中長期的に見れば、問題行動を叱責することは、夫婦関係を修復していく上で、大きなプラスになります。

それは、注意するというのは、相手のためにやっている行動だからです。自分が怒りを相手にぶつけるためにやるのではなく、相手に摂ってその行動は適切ではないからこそ、注意する事が大切です。

注意の仕方にはコツがいる

ただし、注意の仕方は少しコツが入ります。注意すると言う行動は、とてもデリケートな行動だからです。

たとえば、注意するときに、相手の人格まで否定する、のようなことは避けましょう。

どんな方法かというと「あなたは頭がおかしいに違いない。きっとどこか人格障害でもあるのだと思うから、早く病院に行った方が良い」のようなことです。

注意するのは、ご主人のその問題のある行動についてです。それを逸脱するようなやり方は、夫婦関係の修復において大きな問題となります。