過去の事が急に腹立たしくなる

別居しているときは、何かと「夫に早く戻ってきて欲しい」という気持ちが強かったものの、いざ、戻ってくると、何だか腹立たしいという気持ちに変わってしまうことがあります。

例えば、「平然と今、自宅で過ごしているけれど、以前は女性関係があったなんて信じられない!」など、ご主人に対して、激しい怒りを感じるようになってしまうのです。

気持ちをどう切り換える?

このような気持ちが生じてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、「夫のことがすぐに信じられないのは当たり前だ」のように、自分の気持ちが生じてしまったことをとがめたり、良くないことだと思ったりしないようにしましょう。

今まで、別居していたご主人が、戻ってくることで、いろいろな不安や怒り、気持ちのモヤモヤが噴出してくるのは仕方がないことなのです。これはいわば別居の後遺症というもの。

例えば、今は夫のことが信じられない、だから良くないのだと思うのではなく、これは仕方がないことで、無理に信じようともしなくて良いのだと、気持ちを切り替えていきましょう。そして、これから同居生活が始まるのですから、少しずつ、ご主人の言動を見ながら、信じられる気持ちがまた少しずつ戻ってくれば良いかなと思って、焦らず、夫婦仲の改善に励みましょう。

まとめ

夫婦関係が少し落ち着いてくると急に過去の事が許せなくなってくると言う気持ちになることがあります。今回の内容を踏まえて冷静に対処していきましょう。

また、夫婦関係を修復していくための様々なノウハウを公開した「夫婦関係修復ニュースレター」を下記より無料登録して頂けます。

関連記事

さて、今回の記事はどうでしたか?別居をや夫婦関係に関する関連記事をご紹介しておきます。

夫の前だけ取り繕う?

取り繕う
普段、別居している時は自分がどう過ごしていても夫に何かバレるという子とはありません。そのため、羽を伸ばしすぎてしまうと言うこともあると思います。「どうせ見られていないから」ということが、夫婦関係修復の足を引っ張ることもあるので注意してください。

参考ページ:夫がいる時だけ、上手くやれば良い?

会話がなかなか戻らない


折角、別居を解消して同居に戻しても、夫婦間での会話が戻らないと言うことはありませんか?ギクシャク関係が続いてしまうというものです。そのような場合、どう対応すれば良いのでしょうか?

参考ページ:同居になっても会話がないならどうする?

別居後は何から考える?


別居が始まると、まず「別居した相手にどう対処すれば良いだろうか」と相手のことばかり考えてしまいませんか?しかし、そこから考え始めるのではなく、正反対のことから考えてみてください。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:別居が始まると陥りがちな考え