別居が始まると、「早く同居したい」、「早く夫婦関係を修復したい」など、早く、早く・・と焦って悩んでしまう人がいます。

現代は、何でも早く進めようとする傾向が強く、それが良いとされることも多いモノです。例えば、子供の教育も同じです。「早く歩けるようになった方が良い」「早くひらがなを覚えさせたい」「早く算数ができるようにさせたい」など、とにかく、効率主義です。

しかし、急ぐこと、早くやることに、それほど価値はないかも知れません。特に夫婦関係においてもそれは当てはまります。結局のところ、人の成長や変化は効率主義では、上手くいかないですよね。むしろ、回り道をした方が、得るものも大きかったりすると思います。

結婚生活も、あまりにも早い時期に「これはダメ/これは良い」というのを判断してはいけません。別居が始まったから「もう、早く同居をしよう」「早く、連絡を取ろう」そういう思いが強すぎると、結局は、夫婦問題を解決するまでの時間も余分にかかり、遅くなってしまいます。

別居が始まると、離婚するのではないか?不倫や浮気が始まってしまうのではないか?など、不安も大きくなるので、焦ってしまう気持ちも、もちろんあると思いますが、そういうときこそ「ゆっくり夫婦関係を修復していくぞ」という気持ちを、いつより余分に持つようにしましょう。