別居が良いことなのか悪いことなのか…。そういう悩みを抱えてしまう人もいるようですが、別居自体は、良くも、悪くもありません。例えば、「離婚するためにも、一人ぐらいの練習としてするのだ」ということであれば、当然、良くありません。これでは、ただの離婚へのカウントダウンになってしまいます。

また、価値観が合わないので別居だ、などの場合も、あまり適切ではありません。なぜなら、離れて暮らしたところで、価値観が合うようにはならないからです。

離れて生活することが、適切な場合というのは、例えば感情的に喧嘩することが頻発しているので、少し頭を冷やすためにする、というようなときは、比較的、する意義があります。お互い、感情的になることが最近、続いてしまっているのであれば、冷却期間として有効なことがあるからです。

それでも、別居する前には、いろいろ準備は必要ですが…。

ですので、もしあなたがするか、しないかで迷っているのであれば、まずは離れて生活することの目的をよく考えてみて下さい。例えば「なんとなく、勢いで決めてしまった」、「周囲の人がとりあえず離れて生活すれば、と言ったから」などという理由であれば、多分、意味はないです。本当に、別居しなければいけないのかどうか?安易にそれを決めていないかどうか?もう一度、考えてみて下さい。