別居後、しばらく経過すると、夫婦で話し合いをする、と言うことがあります。当然、離婚をしたいと思っているご主人からは離婚要求がきます。また、こちらとしては、夫婦の仲直りをしたいということを伝えていくなどを伝えていくことが予想できます。

このような場合、話し合いをしても平行線になってしまうのではないか?という不安があるかもしれません。

別居中、どのような関係をご主人と築いてきたのか?と言うことにもよるのですが、究極、話し合いは平行線になってもかまわないのです。もちろん、理想を言えば、平行線になるよりも、夫婦仲が前進できる方が望ましいものです。

しかし、話し合いで夫婦関係を前進させていく、というのは、実はある程度、必要条件がそろわないと、進めていくことが出来ないのです。その条件がそろっていない状況で、話し合いを進めても、平行線になってしまうのは自然なことなのです。ですから、無理に「次の話し合いで、何としても、夫婦関係を改善しなければ」などのようなプレッシャーをあなたが感じる必要はありません。平行線になったところで、プラスマイナス、ゼロと言うことなのですから、気にすることはありません。

「現時点では、平行線も仕方がない。プラスの前進はないかもしれないが、それでも、失うモノもない」と思って、臨んでいきましょう。