意見が対立!平行線になる

夫婦問題を解決しようと思って、話し合いをする、と言うことがあります。

仮に、自分が夫婦関係を修復したいと思っていたとしても、相手が離婚をしたいと思っていたら、話し合いでも離婚要求がきます。そうなると「離婚する/しない」ということで、話し合いが平行線になってしまうのではないでしょうか?

そこで、今回は話し合いで平行線になってしまう場合の対処方法についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

何度話し合っても平行線なので、だんだん私も疲れてきました…

話し合いは平行線でも良い

結論から言うと、究極、話し合いは平行線になってもかまわないのです。もちろん、理想を言えば、平行線になるよりも、夫婦仲が前進できる方が望ましいです。

しかし、話し合いで夫婦関係を前進させていく、というのは、実はある程度、必要条件がそろわないと進めていくことが出来ないのです。

その条件がそろっていない状況で、話し合いを進めても、平行線になってしまうのは自然なことなのです。ですから、無理に「次の話し合いで、何としても、夫婦関係を改善しなければ」などのようなプレッシャーをあなたが感じる必要はありません。

平行線になったところで、プラスマイナス、ゼロと言うことなのですから、気にすることもないのです。

平行線になるプレッシャー
話し合いに臨む際には「現時点では、平行線も仕方がない。プラスの前進はないかもしれないが、それでも、失うモノもない」と思って、進めてみてください。

話し合いは無駄?

「しかし、平行線になるのであれば、話し合いは無駄じゃないのか?」

と思ってしまいますが、これは誤解です。結論が合意にならないなら、話し合いが無駄になるということではないです。例えば、あなたが今回、相手の意見や気持ちを聞くことが出来れば、それだけ解決に向けての対応を後日、検討することも出来ます。

あるいは、ご主人が離婚だ!と伝えてきても、その話しに心から耳を傾けることで、ご主人は「自分の言いたいことを聞いてもらった」と思って、気持ちが少し落ち着くかも知れません。
利点に関する図解
このように、平行線になったとしても、話し合いをすることは多くの収穫があります。ですから、「話し合いは平行線になったのだから、無駄だった」と考えるのは早計です。

まとめ

今回は、話し合いをしても平行線になる場合のことについて、解説しました。

そもそも話し合いで意見が合意になるというのは、それ相応の条件が揃っていないと実現は難しいです。ですので、「平行線になっても、それは良くあることなんだ」というくらいのつもりで、臨んでみてください。

また、仮に話し合いが平行線になったとしても、得られるものが一切なかったと言うことではありません。相手の話しを聴くことで、得られる情報もあれば、今後の対策に役立てられることもあるからです。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

さて、今回の『夫婦で話し合っても、どうせ平行線』についての記事はどうでしたか?

話し合いをしても平行線になるということがあると落胆してしまいますよね。

しかし、話し合いをスムーズに進めるためには、たくさんの方法があります。そこで、話し合いについての関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、平行線を打破してください。

タイミングはどうする?

いつのタイミングか?
夫婦の話し合いをするには、どう相手のことを説得すればいいか?ということばかり考えてしまいますよね?しかし、実はそれと同じくらい大事なのがタイミングの問題です。そこで、話し合いを行うのに適した日を決める方法についてお伝えします。

参考ページ:夫婦で話し合い!タイミングはいつが良い

沈黙になったら?

silence
話し合いをしていると、相手が沈黙になってしまうと言うことがあります。沈黙を通されると話し合いが平行線になってしまいますよね?そこで、そういった状況になったときの対処方法を心得ておいてください。知っておけば対処に困ることもありません。

参考ページ:夫と話し合いで沈黙が辛い