別居後、「同居しないか?」という提案をしたり、「今週は一緒に食事をしないか?」などの提案をしたりすることがあります。

このように、別居という、一見すると膠着状態(こうちゃくじょうたい)になっているときに、それを打開するめ、提案をすることがあります。提案をすることで、何かの行動に結びつけることが出来るからです。

行動に結びつけることで、膠着した状況に変化が出ることがあるのです。

 

このように、別居しているときに、とても大切な対応の1つが「提案」というものです。実は、この提案には、いくつか注意すべき点があります。その1つは、提案するときに相手の不安を払拭しておく、ということです。例えば、同居しないか?ということを提案するのであれば、もしかしたら、ご主人は、「自宅に戻っても、居心地が悪い」ということを気にしているかもしれません。そのようなことが予想できるのであれば、それを事前に払拭する内容も、提案をするときに同時に伝えておくのです。

 

具体的には、相手がどのような不安を持っているのか?ということで異なりますが、「そのように不安を考える必要はない。なぜなら、こうするからだ」というように、提案を伝える際に同時に伝えてみてください。では、さらに詳しい内容は、このページから登録できる、夫婦関係修復ニュースレターを無料購読してください。