別居をすると、とにかく「できる限り早く同居にしよう」という気持ちが働きます。もちろん、同居になることは1つの目標になるかもしれません。しかし、必ずしも、いち早く同居をする、ということが、結果として夫婦関係の修復になるとは限らないのです。

例えば、ご主人が家庭での居心地が悪いということで、別居に至ったとします。そして、家庭環境を何一つ変えることなく、同居に持ち込むことが出来たとしても、やはりご主人は居心地が悪いままので、また、以前よりも、夫婦関係の対立がひどくなってしまうと言うことが起るものです。

ですので、別居しているか?同居しているのか?という物理的距離も大切なのですが、それ以上に、ご主人との一対一の関係は道なのか?あるいは、家庭内の状況はどうなっているのか?というを先に考えていくようにしましょう。

これが、形だけ同居に持ち込んだけれど、結局、上手くいかなかった、ということを避けるための大切な考えなのです。