折角、別居を解消できたとしても、気まずい雰囲気のままになってしまうことがあります。このような場合、その気まずさをどう払拭すれば良いのでしょうか?ここでは、気まずくなる理由やそれを払拭するためまの方法などについて詳しくお伝えします。

別居解消後の気まずさとは?

別居解消後の気まずさとは、別居後、夫婦が再び同居を再開しした時に生じる心理的な緊張や違和感のことです。特に、同居を再開した最初の数週間から数ヶ月はこの状態が続く可能性があります。お互いの関係が以前と変わってしまったことへの不安や、別居中との生活のギャップ、過去の夫婦問題の懸念などが原因で起こります。場合によっては、再び別居になってしまうリスクもあるため、この時期に適切な対応をすることが肝心です。
気まずさについての図解

別居解消後に気まずくなる理由

ここでは、別居解消後、なぜ気まずくなってしまうのかという理由について詳しく解説します。代表的なものを取り上げますので、自分達夫婦に該当するものはないか確認してみてください。

理由についての図解

問題が未解決

気まずさが生じる主な理由の1つとして、別居に至った問題が未解決であることが挙げられます。例えば、不貞が原因で別居に至るということがありますが、この不貞の問題がまだ未解決である場合、同居に戻したとしても気まずさが残りやすいです。同居に戻したからといって、自然に問題が解決されているわけではないので、過去の問題に対する不安や恐れ、相互の不満なとが再燃してしまいます。

離婚の意思がある

夫婦のどちらかに離婚の意思がある場合、別居解消後に気まずさが残ることがあります。離婚を考えている側は、同居に戻したことを不本意に思っていることもあり、その不満から壁を作ってしまいます。一方、離婚を望まない側は、相手の変化を感じ取り、不安や挫折感、焦りなどを感じることもあります。

相手の出方を見ている

同居に戻したあと「相手の出方を見ている」ので、ギクシャクしたり、気まずくなると言うことがあります。これは、一方のパートナーがもう一方に対して警戒心を持っている状態を指します。別居期間がある程度長いと、相手にどう関わって良いのか感覚を忘れてしまっているということがあったり、普通に接して良いのか判断がつかないなどのことがあります。

別居解消後の気まずさを払拭する方法

ここでは、別居解消後に、気まずさをどう払拭すれば良いのかについて解説します。

方法についての図解

一緒にできるアクティビティに取り組む

別居解消後の気まずさを払拭するためにアクティビティに一緒に取り組むことは効果的です。服ティビティと言っても難しく考える必要はありません。例えば、一緒に映画を見たり、ウォーキングをしたりすることなどが挙げられます。こういった活動は、気まずさを払拭するのに役立ち、新しい会話が生まれるキッカケにもなります。また、アクティビティを通じて楽しい思い出を作ることにもつながるため、会話を発展させやすくなります。

問題点を率直に取り上げる

問題が未解決の場合は、別居に至った根本的な問題を率直に取り上げ、話し合うことが重要です。別居の原因となった問題を未解決のまま放置すると、再び同じ問題が出現し、ストレスや緊張をもたらすため悪循環です。問題を直接話し合うことで、お互いの思いや考えを整理でき、理解を深めることができます。

第三者を交えて会話

第三者、例えば友人を交えた自然な会話することで、気まずさを払拭できることがあります。友人を交えることで、夫婦間の会話パターンに変化が生じ、リラックスした雰囲気がもたらされ、緊張が和らぐなどのことにつながります。このように第三者を交えて会話は、会話のパターンを変えやすくなるので、結果として2人担ったときも気まずさをある程度、緩和できていることがあります。

体験談『別居は解消できたけど、気まずい』

ここでは、夫婦やりなおし相談室にご相談頂いた方から、ブログ読者さんのためにお役に立てればという趣旨で体験談を送ってもらいました。ご紹介させて頂きます。

空気が重たい

数ヶ月の別居を経て、私たち夫婦は再び同居を始めました。「これからまた以前のような関係に戻れるだろう」と思っていましたが、同居再開後も家の中は緊張に包まれ、会話もぎこちなく、見えない壁があるようでした。重たい空気のため、一緒に食事をする時間さえも苦痛に感じたほどです。

第三者を交えて会話

この状況を何とか変えたいと思い、夫婦やりなおし相談室に相談しました。そこでは、第三者を交えて自然な会話を楽しむ時間をとってみて欲しいと言われたので、実際にそうしました。共通の友人を自宅に招き、夕食を一緒にとってもらいました。そのときはある程度自然に会話ができたのですが、やはりその後、2人に戻るといつもの気まずい雰囲気に戻ってしまいました。

繰り返す

しかし、友人がいるときには確かに会話が自然なので、これを何度か定期的にやってみようと思い、時々それからも身内や友人を招くようにしました。時には、友人たちのおかげで笑いも生まれたりしたので、次第にリラックスできるように変化したと思います。そして、何度かこのような夕食を繰り返すうちに、夫婦だけの時でも自然な会話ができるようになりました。完全に元通りとは言えませんが、それでも友人たちを招いて食事をする機会を経るごとに、一歩ずつ前進しています。

まとめ

今回は、別居解消後の気まずさについてお伝えしました。どのような理由で気まずくなるのか、そしてそれを払拭するための方法など参考になれば幸いです。その他、夫婦関係を修復するための方法は専用ニュースレターで公開しています。下記より無料登録してください。

よくあるご質問

ここでは『別居解消したけど、気まずい』について、よくある質問をQ&A形式でお答えしていきます。

口を利いてくれない

【Question】
数ヶ月間の別居期間を経て、再び一緒に生活を始めました。しかし、別居解消後、夫はほとんど口をきいてくれません。食事の時も、必要最小限のことしか話さず、私が話しかけても、ほんの数語で返事をするだけです。どうすれば夫との会話をとり戻すことができるでしょうか?別居前は普通に会話ができていたのに、今はまるで壁があるかのようで、大変息苦しいです。

【Answer】
ご相談していただき、ありがとうございます。今はまだ会話ができない状態かも知れませんが、それでもまず、夫婦が再び同居を再開したことは大きな一歩だと思います。それ自体が、とても価値あることだと思います。それに、このような雰囲気が悪い状態は、お互いにとって望んでいないはずです。例えば、ご主人が「雰囲気が悪い方が良い」と思っているわけではありません。

そのため大切なのは、夫との会話を取り戻すために、焦らず、根気強く取り組むことです。夫に対して積極的に話しかけることは大切ですが、応答しやすい環境を整えることも重要です。例えば、共通の興味や一緒に取り組めること、あるいは共通の話題などを取り上げることも有効です。1つずつ取り組んでみてください。

別居解消後も、部屋に閉じこもる

【Question】
別居解消し再び一緒に生活を始めましたが、夫が自室に閉じこもり、ほとんどコミュニケーションを取ってくれません。これでは、何のために別居を解消して、同居に戻したのか分かりません。食事の時も夫は自分の部屋で食べ、家族としての時間がほとんどありません。どうすれば良いのか途方に暮れています。

【Answer】
ご相談頂きありがとうございました。夫が自室に閉じこもり、直接の対面でのコミュニケーションが困難な場合、最初の一歩として、Lineやメールなどを使ってみてはどうでしょうか?直接話すことに対するプレッシャーを減らし、お互いに心を開くきっかけが作れることもあります。重要なのは、段階を追って接することです。急激な変化を求めず、夫がコミュニケーションに応じやすい環境を作るようにしてみてください。今は、夫の態度が大きなストレスとなっているとは思いますが、この状態は変えていくことができますので、気を落とさず取り組んでいきましょう。

関連記事

ここで別居に関して関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、より知識を深めていただけます。

夫婦関係が前進した


もし夫婦関係が良い方向に進んでいるなら、そのときするべき対応というものがあります。一体何をすれば良いのか?詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫婦関係が前進?あなたがやるべき事とは

別居したとき子供も不安になる


別居になれば、当然子供も不安になります。では一体、どんな不安を抱えることが多いのか。不安の種練る意図サポートの仕方について。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:別居している時の子供が感じる不安は?親が対応で気を付けるべきこと

別居中、相手にどれくらい会う?

会う頻度についての記事
別居を何も考えなく始めてしまうと長期化してしまうことも多々あります。そうならないようにするには会う頻度を高めてください。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:別居中の会う頻度について解説!決め方や増やすポイントなどもお伝えします