別居に至る原因の1つは、ご主人の浮気の問題ということがあります。夫が浮気をして、夫婦喧嘩になり、そのまま出ていってしまったというようなケースのことです。

このような場合、重要なのは、浮気の問題を自分の問題のようにとらえないということです。それをやってしまうと、その問題について考えるだけでもしんどくなってしまいます。他人の問題を自分の問題のように扱ってはいけません。

浮気の問題は、ご主人が自分で乗り越えるべく、ご主人の問題です。究極的には、浮気の問題を解決できるのは、その問題の所有者であるご主人以外にいません。あなたがご主人に代わって、直接その問題を解決していくということはでは出来ないですよね。例えば「今日は女性と別れるぞ」とご主人に代わって、決断して、実行に移すことはできません。

あなたとしては、この問題をご主人が乗り越えられるよう援助していくように関わっていきましょう。あなたは問題解決のための援助者であって、問題を抱えている当事者ではありません。この立場をしっかりわきまえていないと、他人の問題で自分が振り回され、自分のことを見失う結果になってしまいます。そして、この立場を明確にして、浮気の問題に関わっていくからこそ、そこから先の具体的な対処方法がすべて、ピタッとあてはまり、好転し始めるのです。