自分なんかもういないほうがいいに決まってたいる…。別居中のご主人と話し合いなどをすると、たまにそういわれるときがあります。ご主人も、自分のことを卑下して、完全に殻に入ってしまっているわけです。このような場合、どう対処すればよいのでしょうか?

1つの方法としては、「あなたはそう感じているんだね。どうしてそう感じるのがもう少し詳しく教えてもらえないかしら?」という感じの返答をしていきます。ご主人がそう感じていることは、認めてあげるようにして、さらに話を促していきましょう。そもそも、「本当に、自分がいないほうがいいに決まっている」と思っているかどうかはわかりません。話し合いの最初に出てくるような発言は、たいてい真意を反映しているわけではないからです。

ですので、「そんなことはない」みたいな否定では始めないように注意してください。それをしてしまうと、いつまでもご主人の本心を聞き出す機会を失ってしまうことになります。