ご主人が別居後、離婚を再三、再四、要求してくるようなとき、慌てず対応していくことが大切です。特に、ご主人が期限を切ってくる、というような場合です。たとえば、「4月月末までに、どうするか決めろ?」というような場合です。ちなみに、この場合の「どうするか決めろ?」は、「離婚するとを決めろ」という意味でしょうが・・。

ご主人が期限を決めてくると、自分もそれに従わないといけないのではないか?と勝手に思ってしまいます。しかし、そのようなご主人の自己都合による一方的な期限をあなたが守らなければいけ異な理由はありません。たとえば、ご主人が単身赴任をするから、4月末なのだ、あるいは、も転職するからその機会に離婚も・・という気持ちで離婚を決める時期を要求してきているのですが、ハッキリ言ってしまえば、単身赴任も、転職も、離婚とは関係がありません。

ですから、その期限を切ってくる、ということに対しては、毅然と対応していく必要がありますし、そのような要求は呑んではいけません。では?具体的にどのような方法で、ご主人の期限を切ってくる、という要求をはねのけることができるのでしょうか?その答えは、夫婦関係修復ニュースレターより、お伝えしています。