離婚要求に何と切り返す?

夫が別居中に離婚の話をしてくる、ということがあります。このように夫からの離婚要求が強い場合、どう対処すればよいのでしょうか?とっさのことであれば、混乱もしてしまいますよね。そこで、今回は別居中に突然、離婚の話しが出た場合の切り返しフレーズについてお伝えします。

保留にするという対応

この場合、たとえば、「今はそのことを考えると混乱して正しい判断もできない。どちらにしても、決断はできそうにないからしばらく保留にしてほしい」と伝えるのは1つの方法です。離婚するとも、しないとも即答はせず、とにかく保留にするということです。

どうして離婚することを拒絶しないのか?というと、拒絶すると、相手も「説得しよう」と思って、その後も離婚の話しが続くことが多かったり、さらに感情的になって要求が酷くなるということもあるからです。

受け入れられないが話し合いはする

その他、離婚要求に対して、どのような切り返しがあるでしょうか?

たとえばこのような返答が考えられます。

「あなたが離婚だと決めていても、夫婦の問題なんだから一方的なあなたの結論だけを受け入れることはできない。ただ、あなたの気持ちも大切なので今後も話し合いは継続してこう」のような返答です。

夫婦関係を修復していくためには、どちらか一方の意見だけを聞く、ということは不適切です。一方が主張したことをただ、もう一方は「はいはい」ということを聞くだけでは、フェアではありません。ですので、半分断るような形を伝えていくのですが、それでも相手の気持ちを無視していても良いと言うことにはなりません。

そこで、「今後、話し合いを続けていこう」という形で提案していくというこみとです。一方的な意見の押しつけは、受け入れられない。でも、話し合いとしては続けていくつもりだ、という形です。

突然、離婚の話しが出ると、どう返答して良いか迷ってしまいますが、とっさの時のために今回ご紹介したフレーズなどを覚えておくと便利だと思います。

離婚問題についての関連記事

さて、今回の『別居中に一方的な離婚要求。どう切り返すのかフレーズを紹介』についての記事はどうでしたか?

突然離婚と言われると、どう対応して良いか分かりませんが、今回の例で挙げたようなフレーズをまずはご主人に伝えてみて下さい。あまりにも突然のことなので、焦って変な回答をしてしまうと、後で自分の首をしめることにもつながってしまいます。

離婚問題については、大変、対応が難しいと思いますので、関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、離婚回避への対処方法について知識を深めて頂くことが出来ます。

切り返した後の対応

別居後の離婚問題

突然、離婚と言われたときは、今回伝えたようなフレーズをつかってまずは対応を検討していきましょう。ただ、どちらにしても、いずれはご主人と離婚問題についする話し合いなどする必要もでてきます。

今回のフレーズを使って、一旦、時間をおいている間に離婚の話し合いの仕方について学んでおきましょう。そこで、下記のページを参考にしてみてください。

参考ページ:別居から離婚問題へ。話し合いでどう対応する?