夫婦関係の修復が目的なのを忘れない

夫婦関係が悪くなったので、「とりあえず調停」、「とりあえず別居」という具合に、場当たり的な対応をしてしまう人がとても多いです。確かに、場合によっては、調停などする必要があるときもあります。あるいは、同居より、一時的に別居した方が良いと判断できるときもあります。

しかし、これ自体が目的になってはいけません。

その手段が目的に合っている?

調停も別居も、必要性があれば、その目的に応じて利用しても良いと思いますが、別居すれば、自動的に夫婦関係が修復されるわけでもなければ、調停が夫婦関係を円満にしてくれるわけではありません。

思いつくことを場当たり的にやっても、余計、問題もこじれてしまうことが多いので、きちんと別居、調停といった、手段を考える前に、「自分が何をしたいのか?」、「どういうことをこれから達成したいのか?」という目的を最初に明確にしておきましょう。

目的が曖昧なのに、「とりあえず別居」と先に手段を選択しても、その手段があなたの目的に合ったものであるとは限らないものです。

まとめ

今回は、夫婦関係の修復のための目的と手段をハッキリさせるということについてお伝えしました。手段が目的になってしまわないように注意していきましょう。特に、動揺しているときは、あまり「何をする」ということを決めない方が良いと思います。

また落ち着いているときも、一度、加味に目的は何か?手段は何か?を記載した方が良いと思います。そうすることで、これからの自分の行動を客観視できるからです。

ブログより詳しく

夫婦関係の修復に役立つもっと具体的な内容を知りたい!そう思ったら『夫婦関係修復ニュースレター』に無料登録してみてください。こちらでは、ブログでお伝えしきれなかったノウハウについて解説。別居や不貞、離婚危機などに対応しています。

夫婦関係をスムーズにやり直したいとお考えなら、無料ですので今すぐ下記より登録してみてください。

よくあるご質問

ここでは『夫婦関係を修復するなら、目的と手段を取り違えないようにしよう』について、よくある質問をQ&A形式でお答えしていきます。

別居さえすれば、離婚回避できる?

【Question】
とにかく別居さえすれば、離婚回避できると思っていました。しかし、別居後も夫からの離婚要求が続いています。当時、夫からの離婚要求が連日続いていました。そのため、別居すれば一旦回避できるのではないかと思い、別居をするように私から勧めました。関係修復の一時的な解決策として考えていたのです。しかし、私が期待していたような改善は見られず、夫は依然として離婚を望んでいます。どう行動して良いのか分かりません。

【Answer】
あなたの現在の状況についてお話しいただき、ありがとうございます。

まず、夫とのコミュニケーションを再開することが重要です。メールやLINEなどのテキストベースのコミュニケーションでは、離婚に関する深い話をするのは難しいかもしれません。そのため、直接会って話す機会を作るようにしていきましょう。

話し合いの際には、離婚を求める原因となった問題について、お互いの気持ちを率直に話し合うようにしてみてください。お互いの感じていること、期待していること、そしてお互いに対する願望を明確にすることで、問題の根本的な理解に近づけます。

この話し合いを通じて、関係の問題に対する解決策を探ることができます。お互いの意見を尊重し、理解しようとする態度は、関係の修復に向けた重要な一歩となり得ます。

このような感情的で難しい話し合いは、相手が批判的になったり、不満を伝えてきたりと、厳しい場面もあるかも知れませんが、お互いの本当の気持ちを理解するためには必要なステップです。焦らず進めていきましょう。

関連記事

けっこう多くの人が目的と手段を間違えてしまうことが多いので、今回の記事を読んで注意して頂ければと思います。

また、夫婦関係の修復についての関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、知識やノウハウなど理解を深めて頂くことが出来ます。

修復の方法について「知る」と「分かる」の違い


夫婦関係の修復について「その方法は知っている」ということと、「分かっている」という事との間には大きな差があります。そのことについて詳しく下記の記事で解説します。

参考ページ:「知っている」と「分かる」の違いとは?

修復について考え過ぎる


夫婦関係の修復について考え過ぎるあまり、メンタルがやられてしまい、逆に関係性が後退するということがあります。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫のことを考え過ぎるとメンタルもやられる