別居から、ご主人との夫婦関係を修復していこうとするとき、どうしても目先のことに振り回され、不安になっていませんか?例えば、ご主人が「離婚だ」と言っていたのが、少し態度が軟化した、とか「少し夫婦仲が良くなっていたのに、また喧嘩してしまった」から落ち込む、などです。

もちろん、ある程度、目の前の結果に対して、一喜一憂してしまうのは仕方がないことです。

しかし、別居から、夫婦関係修復をするポイントは、あまり短期的視点に立たないことだと思います。5年、10年、あるいは「死ぬときには、こういう関係になっていたい」という長期的視点を持って取り組むと、目先のことにはあまり振り回されないかも知れません。

常に長期的視点を忘れず、短期的な視点だけでなく、その視点からも、今の問題を見直して見ることは大切だと思います。その2つの視点で、常に目の前のことを見るようにしましょう。

例えば、あなたがご主人との対立で、イライラしていて「何か一言言ってやろう」と思ったとき、「それを言ったとき、私はすぐにどんな気持ちになるだろうか?」。そして、「1年、5年経ったとき、この発言をしたことを思い返すと、自分はどう感じるだろうか?」という2つの視点です。

この両方の視点からみて、本当に、あなの今の行動をとるべきかどうかを考えてみましょう。