別居中の生活費がストップ?

別居生活を続けていると、生活費を送ってくれないなど、経済的な問題を生じさせてしまうことがあります。このような悩みがあると、不安も尽きないですよね。このような場合、どう対応すれば良いのでしょうか?

大切なのは予防策

一番大事なのは、予防策です。今、生活費がきちんと振り込まれているからといって、ずっとそれが続くとは限りません。できる限り「生活費がとまったときの対応策」を考えておきましょう。このように、次善策を考えていると、より安心して、夫婦関係の修復に取り組む事が出来ます。

既に生活費が止まっている場合の対応

では、ご主人からの生活費を止められている場合はどうすればいいのでしょうか?この場合、ご主人とのことは一旦置いておいて、現状の住居も含めて、経済的にゆとりを持って住めるところに引越をすることを優先した方が良いと思います。ご実家などで、過ごせるのであれば、それがベターだと思います。

早めに対策をとることが肝心

もちろん、様々な事情から、安易に引越も出来ないと思いますが、それでも、自分の仕事などを増やして生活費を捻出することが困難なのであれば、早めに引越の対応も検討した方が良いと思います。手遅れになればなるほど、より困窮して、出来る対応もなくなっていくからです。

また、ご主人とのことは、ある程度、生活が落ち着いてから、考えていきましょう。その方が、腰を据えて、ご主人との夫婦仲の改善や問題解決に向けて対応していくことが出来ます。

まとめ

別居時に、生活費を止められた場合の対処方法について解説しました。その他、別居解消のためのノウハウは下記のページからニュースレターで詳しくお伝えしていきます。

関連記事

ここで別居に関して関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、より知識を深めていただけます。

夫婦の会話がない


夫婦間でコミュニケーションが不足指定ルと言うことがあります。このような場合、どこから手をつければ良いのでしょうか。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫婦のコミュニケーションがないのなら、ここから始める

修復に必要な2つの視点


夫婦関係を修復していこうとする際、目先のことばかりにとらわれてしまっていませんか?もちろん、目の前のことを対応することは大事。ですが、それだけだといずれ行き詰まってしまうので、別の視点が必要です。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:2つの視点で見れば、夫婦仲の改善に役立つ?

離婚の話し合いが突然やってきた


急遽、離婚の話し合いになると言うことがあります。この場合、どう対処すれば良いのでしょうか。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:突然の離婚について話し合い!心構えは?