別居がはじまっても、ご主人と会う機会というのは、何度かやってくるものです。しかし、そのとき、ただの言いあいになつてしまったのでは、別居の解消は難しいものです。

ただ、相手が批判や非難をしてくる場合はどうすれば良いのでしょうか?理不尽なことを言われると、怒りも湧いてきますよね。

このような批判をされた場合、相手を論破してしまうより、例えば「あなたの●●の点では、その通りだと思う」という具合に、相手の肯定できる点を少しでも見つけて、対応していきましょう。重要なのは、批判に打ち克つことではなく、相手の批判に対して、「どこか自分が肯定できるところがないか」という点を見つけて、その点を積極的に伝えていくことだと思います。

ご主人も批判に、あなたが同意してきたら、それ以上、批判を続けるわけにもいかなくなりますよね。ご主人が「あなたのここがダメだ」と言ってきて、自分が「その通りだ」と答えているのに、それ以上、批判を続けることは出来ないです。

だからこそ、批判に同意することは、それを封じ込める最善の手段になってきます。