短期間で結果を出したい

夫婦カウンセリングを受けていて、よく思うのですが、多くの人が、現在の夫婦関係の状態が10段階中、2だとすれば、それを一気に、8や9にしたいと強く思いすぎてしまっています。しかも、現状の2から8や9まで、一直線にそこに到達できる・・と考えてしまっています。

夫婦関係の修復は一直線には進まない

しかし、これは、夫婦問題に限らず、あまり現実的なことではありません。そもそも物事が直線的に解決に向かうということは少ないものです。今、別居していて、それが1週間後には解消されて、そのまた1週間後には、夫婦仲も改善される、と言う具合に。

紆余曲折しながら修復が進む

でも、このように直線的に物事が解決される、と思っていると、現実とのギャップに大きく落胆してしまいます。むしろ、紆余曲折しながらも、前進できればそれでいい、と思って取り組んだ人の方が、精神的にも強く、そして、問題解決に向けて、着実に前進していけるようです。

「いまは、別居もしていて、一刻も早く、離婚を回避するためにそんなことは言ってられないのだ」

など、いろいろ不安な気持ちもあると思いますが、ここは焦っては空回りします。夫婦問題の解決に向けて、あるいは離婚問題に対処するために、急がば回れの精神で、進めていきましょう。

まとめ

今回は、夫婦関係が進んでいく見通しについてお伝えしてきました。その他、具体的なノウハウについては下記のニュースレターを参考にしてください。

関連記事

ここで夫婦関係の修復に関して関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、より知識を深めていただけます。

夫から非難の嵐


夫が次々と離婚に応じるよう私に非難をしてくるということはありませんか?そのような場合、どう対応すれば良いのでしょうか。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫が自分を非難ばかりしてくる。論破してしまって良いの?

自分が正しい?


相手は間違っている、自分はだたしぃという思いが強いと夫婦喧嘩や離婚問題に発展するということが多々あります。その詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫の考えは間違っている。だから、私の考えに合わせたらどう?

家計管理と離婚問題


家計管理がいい加減と言うことがあれば、離婚問題の危機を招くということがあります。お金のことは意外にそういう話に発展しやすいと言うことです。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:家計がいい加減なのが、離婚問題の原因かも