別居している期間が長く、しばらくご主人と連絡を取っていないと言う場合、何と最初会話すれば良いのか?と迷ってしまうことがあります。

例えば、半年とか1年以上、時間が経過しているとき、あなたなら何と最初に声をかけますか?しばらくコミュニケーションをとる機会が無かったら「このまま離婚になってしまうのではないか」など、不安も大きくなりますよね。
私がこのことについて相談されたときは、いつもこの話をすることが多いです。

それは、このようなことが偶然あるかどうかはケースバイケースですが、最初、もっとも無難な対応は、連絡する必然性がある事柄が出来たときが良いです。税金のことでも、子供のことでも、生活費のことでも、身内関係のことでも、何か連絡をする必然性があるときに連絡を取る、ことが必要です。

必要があって連絡を取るのであれば、お互いそれほど感情的にならないでも済みますよね。仮に以前、連絡を取ったときには、夫婦喧嘩になっていたとしても。なので、そういう連絡を取るのが必然な事柄があったときに、連絡をとる方が妥当です。

「なんだ、そんなことか」

と、思ってしまうかも知れませんが、これは普段「何か連絡をする必然的な出来事はないかな?」と意識しておかないと、見つかりません。そのような事はないかな?と探していないと見つからないものなのです。

ですから、もし、今、別居をしているのであれば、この「連絡を取る必然性のある出来事」を見つけようという姿勢を常に忘れないようにしてください。では、別居の解消や解決策について、さらに詳しい内容を知りたい場合は、こちらの夫婦関係修復ニュースレターに登録してください。このニュースレターに登録していただくと、今なら相談をお一人様一回まで無料でしていただけます。