別居がはじまった理由は様々だと思います。ご主人が何か浮気などの問題行動を起こした、ということもあれば、自分の怠慢さや不倫などによって、そうなってしまったと言うこともあります。

もし、自分の責任で、別居生活がはじまってしまったと言う場合、どうすればいいのでしょうか?この場合、気をつけたいのが、自分の信頼性がない、ということです。

この場合、特に注意したいのが、メールや電話だけで話しをしない、ということです。実際問題、メールや電話だけで、話をしても、信頼性は回復しにくいからです。

なので、できる限りあって話をするようにしましょう。会ってコミュニケーションをとる、というのは、メールなどを使うより、何倍も信頼を回復させるのに役立ちます。

そのため、別居をしているご主人と電話などをするときは、できる限り「会って話をしたい」という方向に進めた方が妥当な事が多いのです。あなたも経験がありませんか?会って、直接、話しをした方が、「この人は本当のことを言っているな」ということが、分かってもらいやすくなるということです。

仮に今、離婚する、しないうことで対立が生まれていたとしても、メールや電話は最小限にしつつ、「会う」という方向で話を進めていきましょう。