夫の態度がいつまでもイライラ

一緒にいてもいつもイライラしているので、別居。その後、解消したけれど、夫は相変わらず機嫌が悪い、ということがあります。夫婦関係を修復していく上で、ご主人の機嫌が悪いというのは、厄介な問題ですよね。機嫌を損ねている、ご主人の態度も困ります。

正反対のことに注目する

ここで考えたいのが、ご主人のイライラできありません。夫婦仲を改善したいのであれば、その点だけに注目するのではなく、その反対の「穏やかなとき」です。大半、ご主人は生活態度も悪いのだと思いますが、それでも、例外的にいくらかでもご主人が普通に穏やかに過ごせている時というのは、あるのかな?と考えましょう。

例えば、夕食の時は、比較的落ち着いているとか、仕事の休みの日は、怒ることは少ないかも知れない・・などです。

夫婦問題が起こっていないのはいつ?

実は、夫婦関係を修復していくのに、役立つのはこのように「問題が起こっていないときがいつなのか?」を確認するときなのです。多くの人は「夫のここが問題だ」と言う具合に、相手の問題点や、浮気したなどに注目しがちです。

しかし、別居の解決や夫婦仲の改善の鍵を握っているのはその反対の場面なのです。

まとめ

今回は、夫婦問題が起こっていない時に注目することについてお伝えしました。もっと詳しいノウハウは下記のニュースレターで公開しています。ご確認ください。

関連記事

ここで夫婦関係の修復に関して関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、より知識を深めていただけます。

結果を急ぎすぎない


早く修復したいという思いはもっともなこと。ですが、それを急ぎすぎると本末転倒になってしまいます。その詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:結果を焦ってはいけない?夫婦関係がどう修復されていくのかについて

夫が非難ばかりしてくるのでうんざり


夫が非難ばかりしてくるところを反論したり、論破してしまっても良いものでしょうか?その事について詳しく下記でお伝えします。

参考ページ:夫が自分を非難ばかりしてくる。論破してしまって良いの?

家計がいい加減?


いい加減な家計管理が離婚問題の原因になってしまうと言うことがあります。そのような場合、どう対応すれば良いのでしょうか?詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:家計がいい加減なのが、離婚問題の原因かも