話し合いで後悔

別居を解消するために、夫と話し合いをすることがあります。「そろそろ同居にしたい」とか「まだ部居を続ける」など、様々な意見が出されます。

その時に、最も後悔することはなんだと思いますか?話し合い知勇に「ああ…しまった!」と悔やんでしまうことです。このことが分かっていないと、いつまでも話し合いで良い結果を出すことは出来ません。というのも、話し合いというのは、「その場限り」で結果が決まるものではなく、普段の生活の延長にあるからです。

そこで、本日は話し合い中、最も後悔することを理解し、夫婦関係を修復する方法についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

確かに、私も話し合い中「ああしまったー」と思う事が多々あるのですが…。最も後悔するものというのは何ですか?

普段やっとけば良かったと思うこと

話し合い中、後悔してしまうことは何か?それは「信頼不足」です。

離婚問題、別居の問題、女性問題など、夫婦のことについて、話し合いをしている最中に「しまった…もっと日頃から、信頼関係を築いておけば良かった」ということを後悔する人は多いものです。

というのも、「信頼不足」が原因で、話し合いの内容が膠着状態になってしまうということが多々あからです。「あなたの言うことなど今更信じられない」「そんな都合の良いこと、今だけだろう!」のように、自分の発言内容を信じてもらえないと言う事態になることが多いからです。

話し合いというのは、信頼がなければ成立しません。ご主人が「夫婦関係などどうでも良い」とサジを投げていたら、成立しません。

話し合い中、同時に信頼は築けない

話し合いをスムーズに進めていくためには「信頼」が大切なのですが、信頼というのは、「話し合いの場」で築けるわけではありません。それ以前の「日常生活の中」で、築くことが必要です。

例えば、話し合いの最中に「信頼を築き」かつ「夫婦問題も解決する」という2つのことを成し遂げることは、至難の業ですよね?

「夫婦問題を解決する」という1つのことさえ難しいのですから、さらにそこに「信頼を築く」ということも加えれば、話し合いも成立しません。

だからこそ、別居中であっても、極力、ご主人と顔を合せて話をすることが大切ですし、会う機会が少ない分、同居している人以上に、Lineやメールで普段のコミュニケーションの不足を補う必要があります。

このような日頃のコミュニケーションが、話し合いでの良い結果に結びつく重要な要素になります。

もし、あなたが将来、別居の事や離婚問題等で、ご主人と話し合いをする可能性があるなら、今から「日常生活の中で、1ミリでも信頼を築くために何をするのか?」を考えて行動をとる必要があります。

そしてそれが、話し合いに備えるための最善の行動になります。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。