女と別れるので待って欲しい

夫が不貞をしているので、女性問題について話し合う…と言うことがあります。「女性と別れる、別れない」という話し合いです。その時に、ご主人が「女性と関係を切るので待って欲しい」などのようなことを言ってきたとき、どう対応すれば良いのでしょうか?

そこで、今回は夫が「女と別れる」と発言したときの注意点についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

確かに「女と別れる」と夫が言ってきたので私はそれで安心していましたが、あれから一向に話が進みません。。どうしたら良いですか?

女性との別れが一向に進まないことも

夫が「女と別れるので待って欲しい」などと伝えてきても、必ずしもスムーズに女性と別れるわけではありません。

例えば「同じ社内の女性なので時間がかかる」とか、「恨まれないように別れないといけないので時間がかかる」などと言われて、一向に女性との関係が終わらないということがあります。

この場合の注意点は、「期限を切る」ということです。「浮気相手の女性と別れる」と言っても、期限がなければ、延々と女性関係が続いていしまうと言うことにもなり兼ねません。そうする事でむしろ、不貞がずっと継続してしまうということにもなり兼ねません。

なので、ご主人との間で、女性との別れ話が出たらきちんと期限を決めて進めていくことが肝心です。

一方的に期限を決めるのはNG

ご主人から女性との別れ話が出たら、期限を決めることが重要です。しかし、この期限については、極力、本人に決めてもらいましょう。自分で決めた方が、実行力があるからです。こちらが「3月までに女性と別れて欲しい」と決めても、夫からすると「押しつけられた」と思い、意地でもそれを守らない…など無用な意地を張らせてしまうこともあります。

なので、きちんと期限などについては本人の主体性を尊重して決めていく必要があります。主体性を尊重すると言っても難しく考える必要はなく、例えば「じゃあ、いつまでに女性と別れるつもりなのか?」と聞いて、本人にいつまで…と返答をもらうようにしてください。
女と別れる期限の決め方

これは、例えば「春頃までには別れるつもりだ」のような曖昧なものでは良くありません。具体的に「7月末までには別れるつもりだ」という具合に、期日がハッキリしている必要があります。

どうしても、期限が決まらない、ということであれば、こちらから「何月何日までに決められますか?」と提案してもかまいませんが、それでも、最終、本人に決断してもらう事が大切です。

まとめ

夫が女と別れる、不貞を解消すると伝えてきたとき、それで安心して女性問題もこれで解決するハズ。そして別居も解消されるはず…と油断してはいけません。きちんと、女と別れるまでのフォローをしていく必要があります。

具体的には期限を決めることが必要です。しかし、その期限はあなたが一方的に決めたのではあまり適切ではありません。女性との別れ話が出た時、夫が自分で期限などを決めるからこそ、決めたことに対して責任を持って行動すると言うことにもつながります。

今後、夫との話し合いなどを通じて、不貞を終わらせる、女と別れる…という話が出た時には今回の話しを踏まえて確実にそれが終結するように進めてみてください。

さて、不貞を終わらせるための様々な解決方法について、詳しい内容をニュースレターで今、公開しています。登録は無料なので今の内に下記のフォームから登録しておいてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。