寂しさを振り払うために犬を飼う?

夫と別居して落ち込んでいる時、そのことを友人に相談したら「子犬でも飼ってみたらどう?子犬は可愛くてほっこりした気持ちにさせてくれるよ」などのように助言してくれました。

この助言は、確かに犬が好きなら「ああ、本当だ。前から気になってたから飼ってみようかな。別居の寂しさも少しはなくなるかも」などのように思ってくれるかも知れません。

しかし、現実的には「は?犬?私は子供の頃、犬に噛まれたこともあるから、そんな犬と一緒に生活するなんて考えられない!余計、気分も悪くなるよ」などど感じる人もいます。

この場合、助言をしてくれた友人は「犬=可愛い動物」というものの見方をしています。一方、助言された人は「犬=怖い生き物」のように認識しているかも知れません。このように、物事をどのように捉えるのか?ということをスキーマと言います。スキーマというのは、ここでは「物事の捉え方や自分の常識的な見方、世界観…」のような意味です。

修復カウンセラー修復カウンセラー

人は何でも物事をありのまま見ている訳ではなく、自分独自の物事の捉え方をしてしまいます。これをスキーマと呼んでいるということです。そして、そのスキーマがあるからこそ、同じ経験・同じものを観ても、人によって意見や考えが異なってしまうということです

意見が合わない原因「スキーマ」

ちなみに、このスキーマというのは、当然1人1人によって異なります。全く同じスキーマを持っているということは、ありません。育ってきた環境も、個人の気質も皆異なるからです。

夫婦でコミュニケーションを取るときも、このスキーマが原因で意見の対立が起こることがよくあります。

例えば、先ほどの「子犬でも飼ってみたらどう?子犬は可愛くてほっこりした気持ちにさせてくれるよ」という助言は、伝えている本人は良かれと思って伝えるわけです。しかし、受け手は必ずしもその通り「好意的な助言」として受けとってくれるとは限らないのです。

夫婦の会話をするときも、このような誤解が大いに生じてしまいます。奥さんの側は良かれと思って声をかけたのに、夫の方はそれを嫌味に受けとった…などということは日常茶飯事ですよね。特に「うちは夫婦喧嘩が多い」「いつも意見が合わないで困る」という場合は、このスキーマが人によって異なるということを良く認識しておきましょう。

意見の食い違いをどう埋める?

では、このようなスキーマの違いからくる夫婦間の「意見がいつも異なる」「こちらの気持ちや考えが正しく伝わらない」という問題に対して、どのような事ができるのでしょうか?

言葉の使い方として、できることの1つは「抽象化・具体化」を小まめに使う、ということです。

例えば、先ほどの「子犬でも飼ってみたらどう?子犬は可愛くてほっこりした気持ちにさせてくれるよ」というメッセージであれば、「あなたが可愛いと思うような動物、例えば子犬とか小鳥とかを飼ってみるのはどう?気持ちもきっとほっこりするよ」のように伝えていきます。

「子犬」と限定してしまうと、スキーマの違いによって受け手が必ずしも快く話しを聞いてくれません。そこで「可愛いと思える動物」と伝える事で、抽象的に話をしている、ということです。ただ、抽象的なメッセージだけだと何を伝えたいのかハッキリしないことも多くなるので、「具体例」を出して伝えています。
意見の伝え方
つまり「抽象的+例えば…」という表現です。これを自己主張する際の1つの表現パターンとして活用してみてください。たった1つのこの表現だけでも、夫婦間での意見の食い違いや誤解を避ける大きな武器の1つになります。

まとめ

人はスキーマという物を必ず持っています。そのスキーマの違いが意見の違い・誤解の元になります。夫婦間でもこのことが発端で夫婦喧嘩に発展したり、別居になってしまったりなどのことが起こります。そこで「抽象的+例えば…」というメッセージの伝え方を1つの武器として使ってみてください。この表現パターンを活用することで、いくらかは誤解を避けることができます。

修復カウンセラー修復カウンセラー

もし別居しているご主人と次回、会話をする際にはスキーマのことを少しだけ意識して、会話をしてみてください。スキーマが違うんだ…と思って会話に臨めばこれまでと会話の質がいくらか変わってくると思います。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。