別居生活が始まると、ご主人と接する機会が、ガクンと減ってしまいます。ご主人との関わりが日々少なくなっていくことに、非常に焦りを感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

しかし、ご主人と接している機会だけが、ご主人と関係を修復していくチャンスなのではありません。むしろ、離れてご主人と会うことができない時に、自分がどんな準備をしているか?が重要です。

同居しているより、準備の時間がしっかり落ち着いて取れる分、その点ついては、同居しているよりも、別居している方が有利とさえ言えます。では、具体的に準備とは何をすればいいのか?

話し合いや傾聴の準備、ご主人の理解を深めることなど、できることはたくさんあるのですが、中でもとりわけ重要なのは、自分のメンテナンスをする、ということです。これは、自分の気持ちに余裕を持たせるようにする、ということです。例えば、強い怒りを持ったまま、何かご主人に対して行動をしても、「あなたのことを責めるつもりです」などのような内面に抱えている感情が、ご主人に映ってしまうだけになりますよね。

そういった準備の時間にすべきことはたくさんあるものです。