家庭内別居しているときなどによく相談されることはこのことです。つまり、こちらがご主人に対して誠実に対応していても、ご主人からすると、こちらの行動をわざとらしく感じてしまったりなど、いろいろ、勝手に悪く解釈されて、イライラして対応をされる、ということです。時には、暴言や非難をされることだってあります。

ただ、もうそのあたりは過度に気にしすぎないように対処しましょう。ご主人がそれで気分悪くなるのは、本人の問題です。

ご主人の反応がどうあれ、自分の良心に従って、誠実に対応していきましょう。良心に従って行動すれば、仮にこちらの行動を揶揄されても、堂々と説明できます。例えば、「私としては、こうした方がお互いが心地よく過ごせると思ってしただけだよ」と、何か言われても、ありのままの理由を伝えたら大丈夫です。ご主人が今は過剰反応してくるかもしれませんが、それに対して、同じような反応をしなければ、次第に、ご主人の過剰反応も収まってくるものです。