家庭内別居中に夫の問題行動

家庭内別居中、関係が悪くなっているにもかかわらず、ご主人が問題行動をしている、ということがありませんか?たとえば、浮気をずっとやめないなどのことです。

このような場合、浮気をやめさせたいので、注意したいところですが、家庭内別居しているので、無視される、態度が悪いなどいろいろな問題があって難しいですよね?そこで、今回は、家庭内別居している時に、夫の問題行動をどう注意・叱責すれば良いのか?と言うことについてお伝えします。

やりがちな間違った対応

夫の無視や態度が悪い。こういった家庭内別居になっているとき、夫の問題行動に対して、よくやりがちな間違った方法とは、「問題を見過ごす、つまり見て見ないふりをする」などのことです。

しかし、この対応は一度、見直す必要があります。なぜなら、問題行動があるのにそのことについて触れないで、見て見ぬふりをすることは、問題行動を増長させることにつながるからです。

もちろん、無視や暴言があるので、問題点を指摘して注意・叱責するという対応がとりにくいという側面があります。ただ、それでも「問題を改善してほしい」ということは、やはり伝えられる範囲で伝えないといけません。(この伝えられる範囲で…という点がとても重要です)

夫の浮気などを無視して困ること

たとえば、今、問題行動を容認していて、後々「やっぱりその問題行動を辞めるべきだ」と伝えても、自分に一貫性が保てないですよね。例えば、今は夫からの反発が強いので、浮気のことは一切言及しないでおこう…と思って何も言わない。放置する。しかし、その後、一定期間が経過して、やっぱり気になるので「浮気をやめて欲しい」と伝えても、今までと対応が異なるので、ご主人の問題行動も改善しにくいと言うことが起こります。

これは、自分のメッセージに一貫性が保てっていないので、自分の発言に説得力がないということです。このように自分の信頼性という意味でも、問題行動に対しては一貫した姿勢で臨む必要があります。

叱責・注意する場合のコツ

具体的にどのように対処するのか?というのはケースバイケースですが、基本的に問題行動を改善してもらうための叱責は1回で締めくくることを前提としていきましょう。たとえば、一度叱責して、またしばらく違うことを述べて、また叱責をぶり返す、という方法は用いないほうが良いです。もちろん、後日、問題行動が改善されていないのであれば、それに対して対応する必要がありますが、その場での叱責というのは一度で決める、ということを忘れないようにしましょう。

まとめ

さて、今回の『家庭内別居中の叱責について』の記事についてはどうでしたか?相手の無視や態度の悪い状態が続くと、浮気などの問題行動を注意したり、叱責したりするのも大変です。しかし、ここで対応を間違わないことが、今後、問題を解決する上でとても大切です。

また、この家庭内別居中の注意・叱責については、とてもタイミング的にも難しい問題なので、もう少し詳しく下記のニュースレターなどでも学んでみてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。