浮気を繰り返すことで、最終的に別居になってしまうと言うことがあります。この場合、一回一回の浮気をやめるように対処してもあまり良くないかも知れません。それでは、夫婦の関係も、ご主人自身も何も変わらないので、ただ、問題を繰り返すだけになってしまうからです。

例えば、現在発覚しているご主人の浮気。この女性を呼び出して、証拠を突きつけ、形だけでもとりあえず「もう会わない」という誓約書をとって、強制的にやめさせたとしましょう。しかし、ご主人も、夫婦関係も何も変わっていなければ、近日中にまた別の問題を引き起こすだけです。今度は、離婚要求になるかも知れませんし、別居すると言い出すかも知れませんし、あるいはまた別の女性問題を引き起こすことになるでしょう。

つまり、浮気の問題というのは表面的な問題に過ぎないので、そこにとらわれるよりは別のことに注目した方が賢明です。表面に出てきた問題というのは、木の葉っぱのようなもの。目には見えますが、それを支えているのは、土の中に見えなくなっている根っこです。女性問題も、離婚のことも、別居のことも、全て葉っぱの問題であって、根っこには別の重大な問題があります。葉っぱに働きかけるだけでは、次から次へと新しい葉(問題)が出てくるだけですが、根っこに働きかけて、文字通り根絶やしにすれば、あなたの結婚生活は変わってきます。さらに詳しい内容はこちらの夫婦関係修復ニュースレターをご覧下さい。