夫婦関係を改善するためにやりがちなこと

別居をしているご主人と、夫婦仲を改善したい。そう強く思うときには「何か新しいことをしなければ…」と思ってしまいます。「新しい方法」「新しいアプローチ」「新しいテクニック」こう言ったものを探して、それを実践するのだ…という気持ちになってしまいますよね。

もちろん、そういった新しい方法を学んだり、取り入れたりすることは重要です。しかし、本当に今のタイミングでそれをするべきなのかどうか?ということは、慎重に検討していきましょう。むしろ、「何もしない」という方法をとるほうが効果的なこともあるのです。そこで、今回は「夫婦関係を改善することに焦り」を感じた時、あなたにして欲しい事をお伝えします。

何もしないのが最善?

夫婦関係を改善するために、何か新しい方法を試してみたい…。そのように思う事は誰にでもあるものです。

しかし…ときには、新しいことをしたり、新しいことを試したりするよりも、なにもしないということの方が変化を起こすのに効果的なときがあります。

例えば、別居中のご主人が「離婚」と急き立てる状態の時には、おそらく、余計な行動はとらない野が最善です。

ご主人が離婚と騒いでいるこのタイミングで何か行動しようと思っても、さらに離婚要求が激しくなり、収まるのにまた余分な時間がかかってしまうからです。俗に言う「火に油を注ぐ」という状況になってしまいます。

あるいは、反対にコミュニケーション全般に対して拒絶的になって一切口を利こうとしないタイミングで、無理に何かこちらがしゃべらせようと思ってアプローチすれば、相手の頑なな態度を、余計、頑なにさせてしまう…と言うこともあると思います。

焦りからの行動は禁物

夫婦関係の改善が上手くいかないのではないか?むしろ、離婚に進んでいるのではないか?のように焦りを感じてしまうと、つい人は「新しいテクニックを活用すれば、どうにかなるのではないか」と思ってしまいます。

しかし、それは案外逆効果になる事も多々あります。もちろん、別居を解消したり、夫婦関係を修復して行く為には、いずれ何かの新しい行動をとらなければいけないのは事実です。しかし、時には何もしないという選択をすることが大切なときもあります。

何もしないのが最善

ご主人の離婚要求が激しいとき、あるいはコミュニケーションに対して拒絶的な態度が強いときなど、何もしないという方法をとった方がむしろスムーズにこの状況を改善していけることがあります。焦りから、手当たり次第に何かをやってみる…ということはしないように注意しましょう。

まとめ

夫との関係修復が上手くいかないとか、離婚リスクが高まっているときなど、人はつい焦りから、つまらない方法に手を出してしまったり、過剰な行動をとってしまうと言うことがあります。しかし、タイミングによっては、むしろ何か行動するのではなく、じっと何もしないでおく方が効果的だということがあります。

具体的には下記のような場合です。

  • 例1.夫の離婚要求が強いとき
  • 例2.会話などコミュニケーション全般に拒絶的なとき

上記のようなときには、無理に行動したり、新しい方法を試したりするのではなく、何もしない方が案外この状況を切り抜けることが出来るということを覚えておいてください。以上、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。