別居を乗り切る秘訣の1つは?

別居をしていると「夫は今頃何をしているのだろうか?」「本当に別居を解消して、同居に戻ることは出来るのか?」など、たくさんの不安がのしかかってきますよね?

このように不安に押しつぶされそうになって、何度も夫に連絡を取ってしまいご主人から怒られたり、拒絶されたりすることもあるのではないでしょうか?

このような対応をしてしまうと、別居を解消するどころから、離婚問題に発展してしまうこともあると思います。

ご相談者様ご相談者様

確かに私も不安でいっぱいになった時、夫にかなりのLineを送ってしまいました。そして、夫からブロックされてしまった経験があります。

実は、別居を解消したり、夫婦関係を修復していくことよりも、ずっと難しいのは「別居中の自分のメンタルを保つ」ということなのです。メンタルをしっかり保つことが出来れば、夫婦仲を改善することも、同居に戻すこともスムーズに進められる可能性が高いのですが、メンタルが崩れてしまうと、途端にどれも難しくなってしまいます。

その差は2倍、3倍の差どころではありません。おそらく5倍から10倍近く難易度が変わってきます。逆に言えば、メンタルをしっかりキープすることが出来れば、別居の問題は10分の1以下の難易度に下がると言っても過言ではありません。メンタルが結果を大きく左右します。

そこで今回は「別居中のメンタルの保ち方」についてお伝えします。

メンタルを保つ具体的方法

別居をしている間は、とにかくメンタルを健康に保つことが何よりも欠かせません。メンタルを上手に保てれば、それだけ別居の解決も短期間ですむようになります。

そこでここでは「感情のコントロールをする上で、単純、かつ効果的な方法」をご紹介します。

方法は簡単で、「気持ちを吐き出す機会をつくる」というものです。

逆に言えば「ずっと自分1人で悩みを抱え込む」という状態だと、次第に気持ちが弱気になっていき「もう夫婦関係を修復することは出来ない」のようなことをずっと考えてしまいますよね。こうなってしまうと悪循環です。

「気持ちを吐き出す事がそんなに効果的なの?」

と、疑問に思う人もいると思います。そこで、「気持ちを吐き出す」と言うことについてのある心理学の実験を紹介します。

紙に気持ちをぶつける実験

1年以上、再就職できなかった人を2つのグループに分けました。

グループAには、感情を紙にぶつけててもらう…という作業を毎日20分行うよう指示しました。期間は2週間。一方、グループBには、何のアドバイスもしませんでした。

その後、8ヶ月にわたり追跡調査を行ったところ、グループAは、3分の2が再就職でき、グループBは3分の1に留まりました。

紙に書き出すだけで感情がコントロールしやすくなる

被験者達は、紙に感情を書き出す…ということをする以前は、自分の感情をコントロールすることが上手くできず、面接試験で失敗することが多かったのです。

メンタル・ライティングで乗り切る

先ほどの実験でもあったとおり、「気持ちを紙に書き出す」ことで客観的に自分のことを観察することができるようになり、実際に感情をコントロールをする力が高まっていきます。

自分の気持ちを客観視する、というのは、実はコントロールをする上でとても効果的な方法なのです。専門的にはメンタルライティングとも言うのですが、実践も難しくありません。

  • 方法例1.嫌なことがあれば、紙に書き出す
  • 方法例2.メモ帳を持ち歩いて、不安を感じたらそれを紙に書く
  • 方法例3.日記のように、今日の気持ちを率直に書き出す時間をつくる

などのようにするだけです。メンタル・ライティングを続けると、気持ちを切り替えることが上達してくるので、別居をしている人は、自分のメンタル維持に、ぜひ取り組んでみてください。

しっかりメンタルを維持することは、別居の解消を、より確実なものにしてくれます。

また、さらに「別居を乗り越えるためのメンタルの保つ方法」について詳しくお知りになりたい場合、下記の夫婦関係修復ニュースレターに無料登録してみてください。ここではさらに詳しい情報を公開しています。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。