別居して敬語になった?

別居するということは、普段、顔を合せることがなくなるということです。その結果として、次第に態度がよそよそしくなったり、「会話」をしてもなんだかギクシャクする…と言うことになります。

別居になってしまったら、このように他人行儀になっていき次第に敬語でメール/Lineなども送られてくる何てこともありますよね。そこで、今回は別居してもギクシャクした関係にしないために、出来ることをお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

確かに、私も夫と別居後、ギクシャクしてしまっています。先日も敬語でメール/Lineが送られてきて落ち込みました。どうすれば良いんですかね…。

会話には質と量の2つがある

別居をした後、普通に過ごしていたら、会う機会も減っていくので、通常、お互いがよそよそしくなってしまいます。

「よそよそしくなる」ということは、離婚などに進んでしまう事も可能性として出てきます。

しかし、ここで諦めてはいけません。別居して、会話の頻度が減ることは避けがたいですが、その分、質を上げていきましょう。

実際問題、別居すれば「会話量」や「会話の頻度」が下がってしまうことは避けられません。

なので、そこばかりを気にするより、「会話の質を上げる」ということにシフトする必要があります。質を上げることで、会話の量や頻度が少なくなってしまうことをカバーするのです。

会話の質を上げるにはどうする?

では、具体的に「会話の質」を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか?

会話の質を上げる上で重要になるのは、「相手に共感してもらえたり、関心を持ってもらえることを話題にする」ということです。

例えば、「自分の趣味の話し」や「自分が今日あったこと。近況」というのは、自分は話しても楽しいと思います。しかし、相手がその事に共感してくれたり、興味を持ってくれる見込みはかなり低いものです。

別居している時に、こういった自分中心の話題は適切ではありません。

「相手に共感してもらえること」なら、例えば「相手の仕事のこと」や「子供のこと」などは、比較的、興味泰関心を得やすいかも知れません。

ケースバイケースですが、このように、「話をすれば、興味を持ってくれて、『確かにそうだ』と共感してもらいやすい」こと。これをまずは出発点にしていきましょう。

会話は相手視点で始める

出来ている人は意外に少ない

「何だ、そんなことか!」

と思うもか知れませんが、実はこれをしっかり実践出来ている人はかなり少ないです。ほとんどの人が「自分が話したいこと」をしゃべっているだけになりがちです。

もちろん、これでも別居した最初の内は会話がなり立つかも知れませんが、次第に厳しくなります。なので、質を上げるためにはとにかく「相手視点」で、相手の興味あること、相手の共感できることを、話題として伝えてみてください。

相手に共感してもらえたり、関心を持ってもらう話題を見つけることは簡単ではないかも知れませんが、それを見つけられると、別居して、ギクシャクしていた関係が、急に変化していくことも多いものです。例えば「ギクシャクしていたけれど、何だか最近、会話が増えてきた」というように。

ですからぜひ、ご主人が興味・関心を持てること、共感してくれそうなネタを探し続けてみてください。それだけの価値があります。その他、「よそよそしくなる」ことを防ぎ、別居から同居にスイッチしていくための具体的な方法は次の無料ニュースレターで公開しています。ご興味があればぜひ無料登録して下さい。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。