家を出て行ったらどうする?別居が心配

「夫がまた離婚と言い出したらどうしよう」「急に家を出ていったらどうしよう。別居になるのかな?」など、夫婦関係を修復していく過程においては、様々なことが心配になりませんか?心配がたたって、食欲がなくなってしまったり、睡眠不足に陥ってしまうということもあると思います。

そこで今回は、このような「過度の心配」に陥っている場合の気持ちの切り替え方についてお伝えします。

心配する自分にOKを

人は、心配しすぎると、胃痛や偏頭痛を起こしたり、食欲を失ったり、睡眠不足になっていきます。このような状態が続けば、実際問題、夫婦関係の修復もままならなくなっていきます。

しかし実は、適度に心配することはむしろ、夫婦関係を修復していく際にプラスに働くことが多いのです。今までは「心配しすぎる自分」を否定して、さらに気持ちが落ち込んでいたかもしれませんが、これからは「心配する自分」を褒めて上げてください。

ペンシルバニア州立大学のボルコへボックらの調査によると、人が心配してる事柄の内、平均79%は実際に起こらなかった…とのことです。しかも、残り21%の内の16%は、準備さえしておけば対応出来る心配事だったというのです。

PennStateUniversity
出典:ペンシルバニア州立大学

つまり、心配事の大半はそもそも実際には起こらないですし、実際に起こったとしても準備さえしておけば、対処できることが大半なのです。

楽観しすぎるとリスクも高い

逆に言えば、あまりにもあなたが楽観的過ぎると、「大丈夫、大丈夫」と危険を軽視してしまい、準備を怠り、状況を悪くしてしまう可能性だってあります。たとえば「夫が半年前から、いずれ別居するつもりだ」と言っているのに、その半年間「大丈夫、別居などするはずがない」と何も対処しなければ、いずれ夫が「散々これまで、SOSを出したつもりだけど何も変わらないので、本当に別居する」などのことを言う事になってしまう可能性もあります。

この場合、きちんとリスクを感じ取って、半年間、準備して対応していれば、別居を避けることが出来たかも知れないのです。

つまり、適度に心配できる自分の方が、物事に上手く対応できる…ということです。ですから、「自分は心配ばかりしていて、ダメだなぁ」などのように、心配する自分を悲観することはありません。

むしろ適度に心配するからこそ、物事を適切に対処できるのだと、心配する自分を肯定的にみて上げるようにしてください。

対処法のまとめ

夫婦関係を過度に心配しすぎると体調を崩していき、次第に何も行動出来なくなってしまいます。なので、過度の心配は適切ではありません。しかし、ほどほどに心配することは、むしろ夫婦関係の修復にプラスになるのです。逆に楽観的過ぎると、夫婦問題をさらに悪化させることだってあります。だからこそ「適度に心配できる自分」を肯定してあげるようにしてみてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。