別居が長くなると、次第に浮気でもしているのではないかなど、いろいろ不安も出てくることがあります。そのときに多くの人が考えがちなのが「どうにか夫のことを監視しよう」という意識です。

しかし、このような監視しようという意識は持たない方が得策です。どう頑張っても、別居をしているご主人を24時間365日監視し続けられるわけではないです。もちろん、同居していても困難ですが。

ですから、「少しでも行動をチェックしなければ」と考えると、どだい無理な話なので、やがて自分もより悩みも深まり、不安で夜も眠れなくなってしまいます。

旦那さんを監視して、問題行動を見つけようという姿勢よりは、「お互いの関係を少しでも深めよう」ということに焦点を絞った方が良いと思います。別居していても「関係を深めるための行動」は沢山取ることができます。もちろん、それぞれのケースに応じてできること、できないことはありますが、それでも、「全くできることが1つもない」という状況は、ほとんどありません。

そして少しずつ夫婦関係を深めていくことで次第に、旦那さんの心の中に「あなたのことは裏切れない」という気持ちが育ってくれば、ご主人が自分で自分のことを監視(この場合は自制ですが)できますよね。

「いや、そんな理想通り進みますかね?」と疑問に思うかも知れませんが、焦らずきちんとやるべき事をやっていけば、軌道に乗る時期は人によって様々ですが、道は開けてくるものです。別居しているから、夫婦関係を深められないというのは、大きな誤解です。