別居して夫の欠点に気づく

こんにちは。夫婦やりなおし相談室アシスタントの森田です。

夫婦喧嘩のきっかけは、たいてい些細なことです。

  • 服を脱ぎっぱなし
  • 食べ方が汚い
  • 気がきかない

こう言った些細な喧嘩から、別居に入ってしまうこともあります。そして、別居して初めて気づく事ってあるんですよね。今回はその事についてお伝えしたいと思います。

夫の欠点が目についてしまう理由

ここでは、夫の欠点に目がいってしまう理由について解説します。代表的なものを取り上げるので確認してください。

現実とギャップがあるから

自分が抱く期待と、現実のギャップがあることで欠点が目についてしまうということがあります。例えば「夫は家事をしてくれるはず」という期待があっても、実際にはそうしてくれないと言うことが続くと、それを欠点と捉えてしまいます。通常は、人は相手に対して期待を持ってしまいます。その期待が一人歩きしてしまうことで、この問題を招きます。

レッテルを貼るから

相手に「この人はこういう人だよね」というレッテルを貼ることで、欠点が目についてしまうということがあります。レッテル貼りとは、一方的な先入観や偏見に基づいて相手を特定のカテゴリーに分類する行為です。たとえば、「怠け者」「無責任」といったレッテルを貼ると、それに沿った行動を探し出して確認しようとする傾向が生まれます。

自分の想定外のレベルだから

欠点が自分の想定を上回る場合、それが過度に悪いものとして認識され、結果として欠点に過剰に焦点を当てる状態に陥ることがあります。相手の欠点が予想外に大きく映ることがあります。このような時、その欠点が長所を上回り否定的に見えるため、そこに意識が向ってしまいます。

夫の欠点が目についても、してはいけない行動

ここでは、夫の欠点が目についたとしても、けっしてしてはいけない行動について解説します。いくつかありますが、あまり多くの間違った行動をとってしまうと、相手の自尊心を下げてしまったり、夫婦関係が後退する要因になることがあります。

第三者の前で指摘する

夫の欠点を第三者がいる前で指摘することは、多くの場合、してはいけない行動です。例えば、公の場で指摘してしまうと相手は恥をかかされたと感じてしまいます。また、自尊心やプライドを傷つけられてしまったと感じるかも知れません。人は自分の弱点や短所が表に出てしまうことは嫌います。

他人の夫と比較

夫を別の人と比較し伝えてしまうことは不適切です。例えば、「隣のご主人は家事ができるのに、あなたはできない」といった比較は、夫の自尊心を傷つけ、劣等感を引き起こす可能性があります。このような比較は、相手を価値の低いものとして扱うことになり、夫婦間の信頼関係を損なうものとなります。とりわけ収入などについての比較は、大きな問題に発展しやすいです。

夫の欠点が目につく時の対処法

相手の欠点が真実であっても、否定語を使っていては伝わらないかもしれません。否定的な言葉は叱られているように感じ、ご主人は自分を守るために攻撃的になってしまいます。攻撃的になったご主人との間に、夫婦喧嘩が始まってしまいます。

それよりもご主人が少しでも良くしてくれたこと、に感謝を表したほうがいいかもしれません。いい面を数え、たくさん感謝を伝える。そうすれば、ご主人も「自分の良い評価」を崩さないようにと努力を続けてくれます。その良い循環が始まれば、いつの間にかご主人の短所がなおることがあります。直らないまでも目立たなくなること、気にならなくなることはよくあります。

夫婦喧嘩という悪環境に陥らないためにも、思いきって、ご主人の短所から長所に目を向ける意識を持ちましょう。自分の目を向ける視点を変えるだけでも、きっといい循環が始まります。

ブログより詳しく

夫婦関係の修復に役立つノウハウをお伝えしているニュースレターに無料登録してみてください。こちらでは、ブログでお伝えしきれなかった内容について解説しています。

今なら購読料無料でご登録頂けます。詳細は下記のボタンよりどうぞ。

関連記事

さて、今回の『夫の欠点ばかり目について否定してしまう』についての記事はどうでしたか?

普段、意識していないとつい夫の欠点や問題点ばかり目に入ってしまいます。それがそのまま続いてしまうと夫婦仲の後退にもつながってしまいますよね。時々見直しをしてみてくださいね。

夫婦関係の修復については関連記事をご紹介します。併せて読んでみてくださいね。

不倫の疑い

不貞の疑い
夫の行動をみて、つい「これは不倫をしているのではないか」と疑ってしまう自分がいます。そういったことへの対処方法など。

参考ページ:夫の行動を不倫しているのではないかと疑ってしまう

夫婦関係について考えたくない

夫婦関係からの現実逃避
夫婦関係の問題があっても、それを見たくないと思ってしまうときがあります。そのような時にどう対処すれば良いのでしょうか?詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫婦関係から現実逃避

憧れが夫婦改善の原動力?

夫婦関係改善の原動力
あこがれってありますよね?実はこのあこがれが夫婦関係をよくする原動力になる事もあるのですが詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:あこがれが夫婦関係を良くする?