こんにちは。
夫婦やりなおし相談室アシスタントの森田です。

・頼んでおいた支払いを忘れていた
・子供の土曜参観の日に遊びのゴルフの約束を入れてきた
・勝手に荷物をまとめて、別居した

ご主人の責任感のなさ、
薄さが原因で夫婦喧嘩や別居になってしまうことがあります。

しっかり者の奥さんやなんでもテキパキこなせる奥さんだと
余計にイライラしてしまうんじゃないでしょうか?

「責任感」。
これってそもそも、どういうものなんでしょうか。

私は自分で責任感が強いほうだと思っていました。

小さい頃から学級委員や生徒会役員を引き受けてしましたし、
大人になった今でも義務や頼まれごとはできるだけ早く済ませたいと思うタイプです。

自分がそういう性分だからでしょうか。
責任感のない人が許せなくて理解できなくて一人でイライラして責めていました。

・みんな正しくあるべき。
・何でそんな考えしか持てないの?
・常識で考えたらそんなことできないでしょ!?
・ここまで言っているのになんでわからないの?

どんなに強く責めてもどんなに時間をかけて説得しようとしても
他人の考えや行動をコントロールすることはできないのに、必死でした。

その人がどう感じ、どう考え、どう行動するのかはその人だけの責任です。

まわりの人が影響を与えることや助けることはできても
最後の責任はその人にしか取れません。

まわりが代わりに責任をとることはできません。

「何で!?何で!?」とイライラしたり
「どうして!?どうして!?」と不安になったり
「信じられない」「信じたくない」と怒ってみたり。

負の感情に支配されて相手を責めても仕方ありません。

世間一般の意見や正論を振りかざして
相手を捻じ曲げてもその人が責任ある人になるわけではありません。

責任感って自分の感情をプラスに持っていく。
せめてニュートラルに持っていくことなのかなと思います。

夫婦喧嘩でご主人の責任感を責めてもどうしようもありません。
人は自分の感情に責任を持てば、責任ある考えができて責任ある行動がとれる。

私やあなたが責任持てるのは自分の感情と行動だけ。
他の人(ご主人)のそれに責任を感じる必要もないんです。

後は感謝できることを数えて。
良心の声に従っていきたいものです。