夫婦喧嘩、いつまで続く?

夫婦喧嘩が続くと、本当にいつまでこれが続くのだろうか・・と途方に暮れてしまいます。喧嘩したまま、別居になってしまった、ということもあるかもしれません。

お互い喧嘩したいわけではない

どうして、夫とは相性が悪いのか?どうして、繰り返してしまうのか・・と不安に思ってしまうこともありますよね。しかし、ご主人も、あなたと同じく、夫婦喧嘩したいと思っているわけではないですし、お互い不幸になってやろうと思って、結婚したわけではないと思います。

例えば、ご主人は「よし、この女性を結婚して不幸にしてやるぞ」と最初に思って、あなたと一緒になったわけではありません。そういう意味では、結婚生活は、性悪説ではなく、性善説なのです。

しかし、初心を忘れ、一緒に生活していく内に、生活スタイルのズレや、考え方や価値観のズレを感じ、それを一つ一つ軌道修正する努力を怠ってしまい、最終的に、別居になってしまったり、夫婦喧嘩が絶えなくなってしまったりするのです。

こうなってくると、「もう一緒にやっていけないのではないか?」とか「別居生活を解消することはもう出来ないのではないか」と思ってしまいます。しかし、それでも、「お互い一緒になって、幸せになろう」と思った最初のその方向性は一致していると思います。

夫婦関係をよくしたい気持ちは一緒

ですので、今、夫婦問題が山積みで、混乱してしまうと思いますが、それでも、元々はお互い同じ方向をみて、やっていこうと思った気持ちは嘘ではないと思います。別居や浮気など、問題の多さに混乱してしまいますが、1つずつ解決していけば、きっと道も開けてくると思います。

関連記事

ここで夫婦関係の修復に関して関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、より知識を深めていただけます。

問題が起こっていないときは?


夫婦問題ばかりに注目してしまいがちですが、本当に大切なのは「その問題が起こっていない」ときです。そこが解決の糸口になっているからです。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫婦問題が起こっていないときに注目するのが大切

どこから修復を始めるか?


夫婦関係を修復していこうと思ったとき、どこから始めるのかというのはとても大切です。しかし、やるべき事がたくさんあると混乱してしまいますよね。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:修復はどこからまず手をつける?プラスとマイナス行動

急いては事をし損じる


できる限り早く、修復が達成できたら良いなと思うものですが、その結果ばかりを求めすぎると逆効果になることがあります。つまり、夫婦関係が後退してしまいます。では、どうすればいいのか?詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:結果を焦ってはいけない?夫婦関係がどう修復されていくのかについて