別居後に離婚要求が高まる?

別居後しばらく経過すると、離婚要求が強くなることがあります。その時に、勢いに押されてときどき離婚条件について話をしてしまうことがあります。離婚条件というのは、例えば「財産分与として、自宅は自分のもので、貯金は折半」などのことです。あるいは「親権をどうするか?面会交流はどうするのか?」などのことです。

つまり「財産や親権など、離婚したらどうするか?ということを明確に決める」ということです。こういった離婚条件について話しをすることは、夫婦関係を修復していく可能性を狭めてしまうことなになります。

離婚条件はリスクが高い

離婚条件についてばかり話をしてしまうと、結果として「離婚は前提」という事になり、後は条件面の話しか出来なくなってしまい兼ねません。

例えば、今までは「夫婦関係をやり直す/離婚する」という話しだったのに、離婚するということは既に決まったことのように扱われるようになるのです。「自分は離婚に合意していないのに!」と思うかもしれませんが、条件の話しをしてしまうと、夫は「条件さえ納得してくれれば話も終了」のように勝手に都合良く解釈してしまうのです。

このようなことは、多々起るので注意してください。

話をしないと決める

このようにならないためには、条件面の話はしないということが重要です。どうしても夫が条件面の話をしたいという場合は、「離婚に合意しているわけではない」ということを最初にきちんと夫に確認をしていきましょう。その上で、条件についての話をするようにしていきましょう。

このことを最初に確認しておかないと、後で「離婚条件さえ満たせば、離婚に合意するといったではないか」などのように言った、言わないの話になってしまいます。
また、最初に「合意しているわけではない」と告げるだけでなく、時々「仮に離婚するのであれば、こういう条件は考えている」というように「仮の話だ」ということをことを示すなどのことも忘れないようにしていきましょう。