夫の悪口が本人の耳に入る

夫の悪口を電話で話していたら、度津は夫にその話しを聞かれていたなどということはありませんか?

あるいは、メール/Lineで夫の悪口を友人に送ったつもりが、間違って夫に送ってしまったということも夫婦カウンセリングをしていると時々あります。こう言った事故は、自分の信頼を大きく損なってしまうので注意が必要です。

ただ、既に悪口を言っているのが発覚して、夫婦関係が悪化してしまったという人もいると思います。

そこで、今回はこのような夫の悪口を本人に聞かれた場合、どう夫婦関係を修復していくのか?ということについてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

私も友達と電話で夫の悪口大会をしていたら、突然夫が現れて大変でした

夫の悪口を本人に聞かれた場合の悪影響

夫、本人の悪口を言ったということが発覚した場合、どんな悪影響が生じるでしょうか?

共通している点は、自分の信頼をなくすというものです。「どうせいつも、自分の悪口を友達とやりとりしているのだろう」ということを夫に思わせてしまいます。

こういったことを皮切りに、相手から無視される、暴言を言われるようになるなど、様々な問題が生じてきます。いくつか夫婦関係に生じる悪影響り例を見てみましょう。

1.無視される

「自分の陰口を言われている」と夫に分かってしまうと、その後、夫が無視するということに発展することがあります。完全に無視されるということにまでにはならなくても、ほとんど会話がなくなってしまう、家庭内別居のような状態になる、などのことがあります。

無視の図解

2.離婚問題になる

夫の悪口を言っていたことが相手にバレてしまうと、激怒されてそのまま離婚問題になるということも生じてきます。それは、悪口の内容が余程、酷かったのでそうなってしまうということもありますし、相手が過剰反応してしまって離婚問題にまで発展するということもあります。もちろん、離婚問題にまでならなくても別居などになる事もあります。

3.スマホをチェックされるようになる

相手が「また悪口を言われるのではないか」などのことを警戒して、スマホをチェックされるようになるということは時々生じます。この場合、またメール/Lineで自分が夫の悪口を言ってしまうということを繰り返してしまうと、信頼の喪失も大きくなります。

4.浮気が始まる

夫に悪口を言っているのを聞かれると、夫が心を閉ざしてしまい「もう自分は大切にされていない」と感じて、浮気が始まってしまうということがあります。これも非常に多いパターンの1つです。

その他、自分が夫の悪口を言ってしまいそれが発覚することで生じる問題は様々です。

夫の悪口を聞かれた後の対処法

ここでは、旦那の悪口を本人に聞かれた場合の対処方法について解説します。

1.謝罪

夫の悪口を聞かれた…という場合、まずは何より相手への謝罪が必要です。できる限り早めにその気持ちを伝えていきましょう。

それが遅くなるほど、通常、夫婦関係は後退していきます。もちろん、謝罪をしても許してもらえないということは生じますが、だからといって謝罪をしないで良い訳では全くありません。謝罪をしなければさらに信頼を失う事になるからです。

2.話し合い

夫の悪口を本人に聞かれてしまい、大分、機嫌を損ねてしまった場合、一言謝罪を伝えると言うだけでは、現実的に対処しきれないことも多々あります。その場合は、やはり話し合いなどの機会を取って対応することも必要かも知れません。

「話し合いといってもどんなことを話すのか?」と疑問に思うかも知れませんが、1つ重要なのは「自分がそのような発言をしてしまった心理、気持ちを伝えると言う点です。

というのも、夫は「自分のことを相当、悪く思っているのではないか?」など、こちらの思いに対して不信感を持っています。そのため、自分がどういう心理で、そんな行動を取ってしまったのか?ということを一度、冷静に伝えてみる必要があります。

3.メール/Lineで謝罪

場合によっては既に口を利いてくれなくなった、などのこともあります。その場合は、メール/Lineで悪口を伝えてしまったことを謝罪するということも検討してみてください。

まとめ

今回は夫の悪口を本人に聴かれてしまった場合の対処方法について解説しました。悪口を聞かれてしまうことで失った信頼は大きいですが、そこは時間をかけて自分の信頼を取り戻す必要があります。

そして少なくともまずは「同じ事を絶対に繰り返さない」ということを心がけていきます。二度目、三度目は、一度目の失敗よりも信頼を失う度合いが大きくなるからです。

また、失った信頼を取り戻すためのさらに具体的なノウハウを下記の『夫婦関係修復ニュースレター』で公開しています。今なら無料登録できますので、お早めにどうぞ。

よくあるご質問

ここでは『夫の悪口を本人に聞かれた!その後、どうすれば良い?』について、よくある質問をQ&A形式でお答えしていきます。

SNSで夫の悪口を書き込んだことが発覚

【Question】
自分が夫の悪口をSNSに書き込んでいました。それを夫に知られてしまい、それ以来、口を利いてもらえませんどうすれば良いですか?

【Answer】
万が一、このままスルーしてしまうと、さすがにご主人も「SNSで書き込んでいたことは本心で、弁解する気もないのだろう」と思われてしまいます。なので、大変、勇気も必要なことなのですが、この点について取り上げて、本人と話しをする必要があると思います。

その際には、謝罪のメッセージを中心に、今回、SNSで書き込んでしまった経緯など概略だけでも良いので伝えてみて下さい。また、「今後二度としない」という改善の約束も必要だと思います。

関連記事

さて、今回の『夫の悪口を本人に聞かれた!その後、どうすれば良い?』についての記事はどうでしたか?

悪口を言っているのを聞かれた場合、共通して起こる問題は、自分の信頼が失われると言うことです。なので、今後の対策は自分の信頼を取り戻す事を軸に進めてみてください。そのためには今回お伝えしたように謝罪のメッセージを早めに伝えるのは1つの方法です。

また、夫婦関係の修復についての関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、自分の信頼回復に役立ててください。

夫婦間の信頼を取り戻す

信頼を取り戻す記事
夫婦関係の信頼を失ってしまった場合、どう取り戻せば良いのか?その事について詳細をこちらでお伝えしています。今回のような事で、信頼を失っているのであれば尚更確認してみてください。

参考ページ:夫婦の信頼がない

夫婦修復の決め手は何?

夫婦関係修復のキッカケについて記事
夫婦関係がどういうキッカケで修復していくのか?その事についてくわしく解説します。何が決め手になるのだろうか?何をとっかかりにして、夫婦関係を修復していけば良いのか?と迷っているのなら、こちらをご確認ください。

参考ページ:夫婦関係が修復したきっかけ

夫に嫌味をぶつけてしまう

夫への嫌味をやめるための記事
色々夫に対して不満が溜まっていると、嫌味を言ってしまうと言うことはありませんか?そのような状態が一定期間続いてしまうと、離婚問題や家庭内別居など、様々な問題を招いてしまいます。そこで、嫌味を言う自分を変える方法についてお伝えします。詳細は下記より。

参考ページ:夫に嫌味を言ってしまう自分を変える方法