夫からさまざまな暴言を言われて、疲れてしまうことはありませんか?一度や二度ならともかく、頻繁に否定的なことを言われると、精神的なダメージも大きくなり、疲労が蓄積されていきます。

そこで今回は、夫からの暴言で疲れてしまう理由や対処方法、注意点などについて詳しく解説します。

夫の暴言で疲れる理由

夫からの暴言で疲れてしまう理由は、心理的および感情的な側面に多く関連しています。具体的にどのようなものがあるのか、下記に理由を挙げて解説します。

理由についての図解 width=

感情的ダメージ

感情的ダメージを受けることは、疲れる理由の1つです。これは、夫からの暴言によって受ける精神的な傷のことです。夫が否定的な言葉や批判をすることによって、自己価値感や自尊心が損なわれダメージを受けてしまいます。特に、頻繁にこのような否定的な言葉を聞くと気持ちが暗くなり、次第に疲労が積み重なっていきます。

将来の不安

夫の暴言で疲れてしまう理由に「将来への不安」が挙げられます。これは、夫から継続的に暴言や否定的な発言をされることで、将来もこのまま結婚生活を続けることが可能なのだろうか?と思ってしまうということを指します。頻繁に夫から暴言を受けることで、安心して生活できる環境が奪割れるのではないかという気持ちになってしまいます。このように、夫の暴言は、将来に対する希望を損なうことにつながります。

孤立感

孤立感を感じてしまうことも、疲れてしまう理由です。通常、夫婦関係では、お互いに支え合い、共感し合うことを期待してしまいます。しかし、正反対に相手から暴言を言われてしまうと、そのような希望が失われ、自分には支えてくれる人が居ないという孤独感が大きくなります。「夫婦なのに、全く仲が良くない」と感じることで孤立しているような感覚を生み出し、結果として疲労します。

夫の暴言で疲れたときの対処法

ここでは、夫の暴言で疲れてしまったときの対処方法について解説します。できる事から1つずつ取り組んでください。

1人で静かに過ごせる場所を確保

夫の暴言で疲れたときの対処法として、1人で静かに過ごせる場所の確保が挙げられます。これは、夫からあれこれ文句を言われず、1人で気持ちを落ち着かせることができる場所のことです。例えば、自宅の中のどこかの部屋でそれが確保できる事もあれば、近所の公園ということもあるかもしれません。どちらにしても、暴言にさらされることなく、1人で落ち着いて時間を過ごせる場所を確保し、疲労が大きいときにはそこに避難します。

疲労の回復

疲労の回復は、夫の暴言にさらされているとき、非常に重要な対応です。具体的には、質の高い睡眠を確保すること、栄養バランスの取れた食事を心がけること、リラクゼーション技法(瞑想、深呼吸、ヨガなど)を実践するなどのことが挙げられます。また、趣味や楽しい活動に時間を割くことも忘れないでください。こういったアクティビティにより心の負担を軽減させ、ポジティブな感情を感じる時間をとることが重要です。

暴言を控えるよう伝える

一筋縄ではいかないかもしれませんが、夫の暴言を控えるよう伝え、環境を改善していくための取り組みが重要です。ただし、これは直ぐに解決できるようなことではないことも多いため、ある程度、時間をかけ、計画的に進めるようにしてください。どのような手順で進めるのかはケースバイケースですが、正面からぶつかるだけでは、余計事態が悪化してしまうこともあります。また、メッセージを伝えるときには、「Iメッセージ」を用いること(例えば、「あなたがそう言うと、私は傷つく」と伝える)が有効で、これにより相手が防御的になるのを避けることができます。

体験談『夫の暴言で疲れ果て、ウンザリする』

ここでは体験談を紹介します。夫の暴言に疲れている場合、問題解決の参考になれば幸いです。

夫との時間が苦痛

毎日が試練でした。夫からの暴言に晒され、心は日々疲れていきました。夫との時間が苦痛で、笑顔を忘れていったように思います。でも、ある日、私はこのままの結婚生活を生涯送るということは到底考えられませんでした。なので、何か行動を起こさないとと思い、変わる決心をしました。

相談が第一歩

夫婦やりなおし相談室への相談が、その第一歩でした。いろいろなことをお聞きしましたが「まずは、自分自身の心を大切にするため、避難場所、安心して過ごせる場所確保する」ということから、始めました。自分だけの安息の場所、例えば公園や夫があまり入らない部屋などいくつかの場所を見つけ、それを私の避難所と呼ぶようにしたのです。

暴言が減る

少し離れて過ごす時間が増え、夫からの暴言を受ける機会が減りました!心に少しずつ余裕が生まれ、その余裕が次第に環境を変えていきたいという勇気に変わりました。

繰り返し話し合い

思い切って私は話し合いの提案をして、夫と対峙しました。夫は暴言が多いのは私のせいだと言っていましたが、私たちは何度も話し合い最終的には「これからは気をつける」と言ってくれるようになりました。私が自分のために確保した1人の時間があったからこそ、忍耐強く話し合いを続けられたと思います。

参考ページ:夫婦の話し合いで、してはいけないこととは?NGとなる発言や態度など解説

夫の暴言で疲れた時の注意点

ここでは、夫の暴言で疲れてしまったときの注意点をお伝えします。これらの点を守って対応を進めてください。

自分を責めない

夫の暴言が自分のせいと感じることは避けましょう。どういう経緯があったとしても、夫が暴言を言うことは、夫の選択です。誰かに「暴言を言うように」と命じられて行動に移している訳ではありません。ですので「自分が悪いのではないか」などのように思う必要は全くないです。

自己ケアを軸に進める

夫の暴言をやめるように働きかけることも大事ですが、運動、趣味、瞑想など、自分自身を大切にする活動を軸に進めるようにしてください。そこが著しく崩れてしまうと、次第に何も行動できなくなってしまうからです。精神的な回復が最重要なんだと思って、優先順位を間違いないように気をつけてください。

まとめ

今回は夫の暴言で疲れてしまったときの対応や注意点などお伝えしました。毎日のように暴言にさらされると、次第に精神疲労を感じてしまいます。今回の内容を参考に対応を進めてください。また、問題解決のためには、情報を毎日受け取ることも大切です。そこで、専用ニュースレターを用意していますので、下記のフォームよりご登録ください。

関連記事

夫婦関係の修復について関連記事を紹介します。

夫婦仲はもう限界に達している?

限界についての記事
夫婦喧嘩や意見の相違など、様々な要因で夫婦仲に限界を感じてしまうことがあるのではないでしょうか。詳細は下記より確認してみてください。

参考ページ:夫婦仲が限界!そう感じる場面や対策、注意点など解説

夫に罰を与える必要はないのか?


夫が不貞など、悪いことをしたので罰を与えたいと言う気持ちがあるかも知れません。しかし、あなたが直接、そのような事をする必要はありません。その理由など、詳しいことは下記のページに記載していますので、確認してみて下さい。

参考ページ:あなたが罰を与える必要はない?

夫婦関係を変えるには?

変えることについての記事
夫婦関係を変化させたいと考えたことはありますか?そのための対応方法など詳しく解説します。また、注意点にも配慮して進めてください。詳細は下記です。

参考ページ:夫婦関係が変化した!キッカケになる出来事や対応方法などについて解説

夫の反発

反発についての記事
何かと夫が反発してくるということがあります。このような事が生じる場面や旦那の心理などについて詳しく解説します。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫の反発が多い!起きやすい場面や相手の心理、対処法など解説