旦那さんと別居生活をしていると、どうしても悩みがちになることがあります。それは「いつになったら、解消されるのだろう」という不安です。何かの期限がないと、人はなかなか頑張れません。例えば、マラソンだって、42キロ走ればゴールする、と分かっているから頑張れるのであって、これがいつまで走ればゴールになるか分かりません・・だと、なかなか頑張って晴れる人はいないものです。

このように、確かに期限が分かっていれば、気力も変わってくると思います。しかし、現実的にはその別居の解消できる期限を気にしても仕方がない、というのもあります。例えば、「人が知り合ってから、恋がはじまる時間はどれくらいかかりますか?」というのと同じく、一目惚れすることもあれば、10年以上友人だった人に恋をすることもあります。なので、その時間自体は、他人と比較しても、ほとんど意味がないものです。

どうしても、期限があった方がよい、目安があった方が良いと言う場合は、目標として「これくらいの期限で別居が解消できたら良いな」というのは、考えておいても良いかも知れません。例えば「1年後には、悩みがなくなっていれば良いな」ということを自分で決めて、それを目指して行動していけば良いということになります。

もちろん、あまり時間に縛られない方が良いと思いますので、目安として考えるようにしましょう。期限にとらわれるあまり、無茶な解決策をとったり、慌てて行動をしても、上手くいかないモノだからです。