別居生活が始まると、旦那さんのことが普段、見えない分、余計に不安も増長します。それも1つの原因なのですが、多くの人が何かと「夫の問題行動を見つけよう」という意識を持ちすぎています。

とにかく、問題行動を探して、早速、注意せねば・・と思ってしまうのです。しかし、問題行動を見つけて、注意したとしても、そしてそれが的確だったとしても、それで夫婦関係が修復出来ることはありません。

これは、問題行動の指摘が大事ではない、と言っているのではありません。それは、それで必要に応じてする必要があるのですが、だとしても、叱責を続ければ、夫婦仲の悩みがなくなり、みるみる良くなる…などということは起こらないわけです。

ですから、実際のところ、別居を解消したいとか、夫婦仲を改善したいと言うことであれば、別のことに力を注がなければ、いつまでも良くなることがありません。具体的には、叱責することの反対に、できる限り感謝できることや「すごいな」と尊敬できる点を見つけることが大切です。

「いや、そんなことは分かっているよ」と言う人も沢山いると思いますが、多分、それは「たまたま良いところを見つけたら、褒めたりすればいいや」という感じの意識になっていませんか?しかしそれでは、かなりしんどいです。実際問題、全力で良いところを見つける、という意識でないと、見つからないからです。特に、別居していると、そのメッセージを伝えられる機会も、良いところを見つける機会も限られているので、そこにほぼ100%近い尽力をする必要があります。

一度、このバランスを見直して見てください。