そろそろ父親参観の日が近づいてきたという学校も多いようですね。別居していると、なかなか参観も参加してくれないことも多いですが、出来れば、子供達には寂しい思いをさせたくないものです。

父親参観に出席してもらうために、別居中のご主人に、どう対応していけば良いでしょうか?

まず、最初に大事になってくるのは「もう来ないかも知れない」ということ、ある程度想定して、準備をしておく必要がある、ということです。最大限、参加してもらうように促していくにしても、それが叶わないことも十分考えられます。ですから、まずは「来なかったとき」の対応を最初に取っておきましょう。これで、仮に来なかったとしても、慌てず対応できますよね。

とりわけお子さんが幼い時には、また別居生活の事情というのは、よく理解していないということも多々あると思います。そこで、例えば「お父さんに、父親参観のことは知らせているけれど、仕事も忙しいみたいだから、これるかどうか分からない」とは、一言伝えておいても良いかもしれません。

上記のような来なかったときの対応を検討した後は、残りの時間を使って、参加してもらうための対策をとっていきましょう。

例えば、当日2日前位になったら、もう一度、日時等を知らせるメールを送っても良いかもしれません。また、メールを送ったときには、子供が楽しみにしていることも伝えることは有効です。

さらに、どうしても旦那さんが夫婦関係のことで、イライラしていたり、恨んでいたりということで、夫婦仲に禍根が大きく、それで父親参観に出席してくれないというのであれば、「夫婦問題と子供への対応は別に扱って欲しい」という主旨のメールを送っても良いと思います。具体的な書き方は、別居生活の状況や原因など、それぞれの事情によって、異なってきますが、主旨としてはそのようなことを記載していくことになります。

その他出来ることは多々あると思いますが、上記のことを踏まえて解決策をとっていきましょう。