夫とはもう一緒にいても喧嘩ばかりだから、別居でもして対応しようか?と悩みを抱えている人も多いと思います。どういう場合にした方が良いのでしょうか?そして、どういう場合はしない方が良いのでしょうか?

このことを考えるときに、まず「自分の目標」を考える必要があります。目標と言っても、夫婦仲を改善するなど、漠然としたものでなく、また「いつか、夫婦関係を愛情溢れるものにするる」という長期的な目標でもありません。「次に、何が解決すれば良いのか?」という差し迫った具体的な目標です。

この目標として例えば「自分の精神的な健康面を充電する」と言うことがあったとします。そして、どうを決めるのは、この目標のために、別居するのが妥当ならそうしますし、もっと他にできそうなことがあると言うことであれば、それでもいいということになります。

例えば、「あまり関わらないようにすれば、少し気持ちも落ち着く」というのであれば、わざわざ別居はしなくても良いかもしれません。でも、一緒の空間にいるだけで息がつまるということであれば、それはした方が良いかもしれないのです。

大事なのは、「とにかく、これさえすれば良い」と、闇雲に考えないことです。それは何のためにするのか?ということを事前にきちんと考えてから、行動は決めなければいけません。

目標⇒それを達成するための具体的な行動、というこの順番を間違えないようにしていきましょう。

以上、今回は「離れて暮らす」という、ご相談がブログに届いたので、このテーマでお送りしました。