単身赴任中はすれ違いになる事も

単身赴任をしていると、同居と比較してどうしても夫と過ごす時間が確保出来ないですよね?物理的な距離が生まれてしまうので、仕方がありません。

しかし、夫との関係を修復してくには、「共有出来る時間」が何としても必要です。共有時間があるからこそ、夫婦関係を修復出来る機会が生まれるからです。

そこで今回は、どうやって単身赴任をしている夫と共有できる時間を増やし、具体的に関係を修復するために何をすれば良いのか?詳しくお伝えしたいと思います。

ご相談者様ご相談者様

確かに、私も夫が単身赴任になってから、より関係が薄らいだ気がします。このままじゃダメだと思って夫婦関係の修復をしたいと思っているんですが、なかなか共有時間がとれないので、何も実践出来ないんですよね…。「こうすれば良い」と分かっていてもそもそも行動する機会がないというか。今日の記事を読んで、共有時間を増やし頑張りたいと思います!

夫婦関係を修復するために時間を確保

単身赴任中の夫婦関係の修復においては、時間確保が1つの鍵を握っています。時間を確保するからこそ、夫婦関係を良くするための具体的なアクションを起こすことが出来ます

実際、カリフォルニア州立大学のReissman博士は次のような実験を行っています。

論文
出典:AmericanPsychologicalAssociation

53組の夫婦を熱め半数には、10週間にわたり2人で何かの活動をするように伝えました。活動内容は何でもかまいません。例えばゴルフ、ハイキングなどのレクレーションなどもその一例です。一方、残りの半数には、何もも一緒に活動しないように伝えました。

すると、10週間後には共有活動をしていた夫婦の方が、関係が前進していたのです。

もちろん、単身赴任中は、そう易々と一緒の時間を確保することはできません。しかし、それでもまずは「少しでも時間を多く確保しよう」と言う姿勢をもって臨むことが大切です。

具体的にどう時間を確保?

夫婦の共有時間を確保した方が良い。それは上記の実験からもよく分かります。しかし、単身赴任をしているのでその時間の確保が難しいですよね。

そこで、時間を確保するための1つの方法は、事前に共有時間を計画するということです。

単身赴任中はカレンダーを用意して「きちんと夫と会う予定を立てる」ようにしておきましょう。予定を立てて早め早めにご主人に「この日は帰宅して欲しい」のように打診しておかないと、ご主人が勝手に「今月は、友達と遊びに行くから自宅には戻らない」のように言われ、会う機会が減ってしまうとていうこともあります。

具体的には、まず、年間カレンダーにイベントについての予定を書き込みます。例えば、子供の誕生日や学校の行事、夫婦の結婚記念日やお正月やお盆などが該当します。

こういった年間行事についてカレンダーに記録したら、その1カ月前にはご主人に「この日は、こういうイベントがあるから、確実に自宅に戻ってきて欲しい」という事を打診していきましょう。

そうすることで、共有時間を確保しやすくなります。

イベントを事前に把握

メールやLineも活用

共有時間の確保は、イベント時に自宅に戻ってきてもらうだけで十分でしょうか?

もちろん、それだけでも共有時間の確保には効果的ですが、逆に言えばイベントがない限り夫と話しをする機会もない…と言うことになってしまいます。

そこで、イベントのない普段の日は、メールやLine、テレビ電話などの活用して夫との接点・共有時間を増やしていきましょう。メール/Lineでの連絡を適切にとれば、夫婦関係の修復に役立ちます。

事実、メールの頻度をきちんと確保している場合、信頼関係が構築しやすいという研究結果もあります。テキサス大学のSirkka L. Jarvenpaa博士は、ネット上でグループを作ってそれぞれプロジェクトに取り組んでもらうという実験を行いました。

論文
出典:ResearchGate『Communication and Trust in Global Virtual Teams』

すると、当然、各グループによって信頼し合っているグループと、そうでないグループが出来ます。そして、ネット上で信頼関係がつくれたグループの特徴を観察すると、メールの頻度が高いグループは信頼度も高いということが分かりました。

信頼の高いグループは4週間で平均166回のやりとりが。そうでないグループは平均119回になっていました。

また、信頼度の高いグループは、1回のメッセージ量が多い、少ないという点でも特徴がありました。信頼度の高いグループはメッセージ量が比較的多いのですが、低いグループは「了解」「早く進めてください」など、そっけないメッセージが目立っていたのです。

このことから、メール/Lineのメッセージの仕方1つで信頼関係に大きく影響を与えると言うことが分かります。

メール/Lineで夫婦関係の土台をつくる

単身赴任中のメール/Lineは、共有時間を少しでも確保するという意味でも大切ですが、別の目的もあります。それは、夫婦関係の土台をつくる、というものです。

例えば、単身赴任中、夫と全く連絡を取っていないとします。そして、ある日、夫が単身赴任先から自宅に戻ってきたとき、突然、夫婦関係を修復するための話し合いをしたとします。

しかし、このような状態で話し合いを始めても、上手くいく見込みは限りなく低いです。これは丁度、土台がないところに家を建てようとしているようなもの。久しぶりに会った夫と、唐突に話し合いを始めても、良い話は出来ないものです。

つまり、いずれ夫婦関係を修復するための話し合いなどをするとしても、事前に夫と「関係性の土台」をつくっておくことが欠かせません。その土台が出来ていることで、話し合いもスムーズになるからです。

そして、その関係性の土台は、単身赴任をしている場合、メール/Lineでつくっていくことになります。

情報共有が信頼を高める

夫婦関係でも、会社でもそうですが、信頼関係を築くには情報の共有が大切です。「どこで何をやっているのか分からない」という状態だと、なかなか関わりを持つことも、信頼を築くことも難しいですよね?

事実、中京大学の日向氏によると、信頼しているから情報が共有されるという点はあるものの、一方で情報を共有するからこそ信頼にプラスの影響を与える、ということを指摘しています。

論文
出典:J-STAGE

確かに、情報を共有するからこそ、共通の問題意識や価値観をつくっていくことが出来ますよね。そこで、夫婦関係でも、子供の情報などを共有しておくことは大切です。夫婦で共通の問題意識や将来像を思い描くことが出来るからです。

子供のことで情報共有

返答がなくても「読んでくれれば良い」と思って子供の事で情報伝達をしてみてください。基本的には、共有出来る情報が多くなればなるほど、ご主人のあなたへの信頼や、家庭に対しての愛着というのは増えていくことが多いからです。

情報共有というのは、具体的にどんなことがあるのか?ということですが、例えばもしあなたにお子さんがいるのであれば、メールやLineでお子さんの話題を取り上げておくというのも良い方法の1つです。単身赴任をしていると普段、ご主人は子供と会う機会があまりありません。自宅に帰ってきても、子供との共通の話題が見つからず、家庭内に自分の居場所がなくなるということもあります。

ですので、メールやLineを通して、普段のお子さんの様子を知らせておくこともご主人が単身赴任先から帰宅してもらいやすくなる1つの重要な要素になります。

子供の学校行事や、最近、楽しんでいること。好きなテレビ番組や友達関係など。あなたが当たり前として把握していることも、ご主人似とっては全く分からないということも多々あります。しっかり普段のメールやLineで情報共有してみてください。

まとめ

今回は、単身赴任などで物理的距離があって、ご主人と会えない場合、どのようにして時間を確保し、夫婦関係を修復するのか?と言うことについてお伝えしました。

ポイントとしては時間軸を拡げて会える時間がないか確認することです。最初は1日単位で考えて、1日のどこかで連絡をとる機会がないか検討してみましょう。それで難しければ、週単位、月単位、年単位と次第に時間軸を拡げていくようにします。

時間軸を変えることの要点
また、メールやLineの活用も欠かせません。こういったツールを上手く活用して、浮気などの防止にも役立ててみてください。

以上、本日も最後まで読み頂きありがとうございました。

さて単身赴任にしているご主人との夫婦関係の修復について、さらに詳しい情報を下記のニュースレターで書いています。もし、ご興味があれば無料登録できる今の内に登録してみてください。きっとお役に立つはずです。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

さて、今回の単身赴任中の夫婦関係の修復についての記事はどうでしたか?

単身赴任中は、とにかく相手との接する機会を意識して増やそうとしていくことが大切です。増やすことが出来なければ、夫婦関係を変えていく機会自体がとれないからです。

今回は、時間軸の視点を変えて夫との接点を増やすことが出来ないか?メール/Lineなどを補助的に活用できないか?などのことについてお伝えしてきました。

ただ、メール/Lineはどう書いたら良いのだ?など、疑問もあると思いますので、今回の記事の関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、単身赴任中の修復についての知識を深めて頂くことが出来ます。

単身赴任中に夫が浮気

浮気への3つの対策

単身赴任をしている夫がまさかの浮気!?こんな時、混乱してしまいますが、具体的にどんな対策をとれば良いのでしょうか?ここでは、浮気にいたる原因を踏まえて、単身赴任中でも出来る対策に絞って取り上げます。出来ることが少ないように思えてしまいますが、まずはここに書いてあることだけでも、行動に悦してみてください。詳細は下記です。

参考ページ:単身赴任中、夫がまさかの浮気

メール/Lineの返答がない?

返答がないことについて
単身赴任中はどうしても夫との接する機会が減ってしまいます。それを補うためには、メール/Lineが欠かせません。

しかし、折角、メール/Lineを送っても返答がない?ということはありませんか。返事がないと「浮気しているのではないか?」など不安になってしまいますよね。そこで、もしあなたもメール/Lineの返答がないということでお困りなら、その原因を分析した次の記事が参考になるかも知れません。

参考ページ:メール/Lineの返答がない原因

夫から離婚を切り出される

単身赴任中の離婚
単身赴任中は、夫とのコミュニケーションをとるのも大変なので、うまくいかないことも多々あります。

そして、状況が悪化すると単身赴任中に、夫から離婚を切り出されると言うことも。その時、あなたがどう対応して修復に向けて行動していけば良いのでしょうか?ここでは離婚を切り出された場合の具体的な2つの対応をお伝えします。

参考ページ:離婚を切り出された!修復のためにとるべき対応

単身赴任先から帰ってこない

帰宅しない
夫が単身赴任先から帰ってこない!もしかしたら、浮気をしているのではないか?など、色々心配になりますよね。そこで、自宅に戻ってきてもらうための具体的な方法を紹介します。夫が帰宅しないことで困っているのなら、まずはこの記事を読んでみてください。

参考ページ:夫が単身赴任先から帰ってこない