同居の話しを強引に進めると

別居している夫と、離婚問題や「同居に戻すのかどうか」などの話し合いをすることがあると思います。そこで多くの人がやりがちな失敗は「この話し合いで、強引に自分の主張を通すこと」だけ考えてしまうということです。

例えば、自分が同居にしたいと思っていたら、相手が何と言おうと、とにかく無理にでも「同居で話しを進めていこう」と考えてしまいます。

もちろん、多少、強引に話しを進めれば、それが功を奏して同居に戻すことが出来るか見知れません。しかし、それで本当に大丈夫なのでしょうか?

ご相談者様ご相談者様

確かに、私もつい「もう別居なんか辞めてよ!」と声を荒げて、コトを強引に進めようとしたことがあります…

強引な同居の代償

「同居に戻す?それとも別居を続ける?」。このことで、夫と何度か話し合いをしたことがあると思います。

このときにやりがちなのが「自分の意見を強引に押し通そう」としてしまうこと。別居問題に限らず、話し合いがあると、つい「自分の主張を相手に分からせる」ことだけを考えがちですよね。

もちろん、そのように多少強引に話しを進めれば、それで同居に戻すことが出来るかも知れません。

しかし、夫婦関係はこれからずっと継続するものです。

「一時的に強引に同居に戻すことができたけれど、あの話し合い以来、信頼関係は完全に崩れてしまった」ということになれば、本末転倒ですよね。

夫婦関係は生涯続く

夫婦で話し合いをする場合「この先もご主人との関係性が続いていく」と言うことを前提として話しをする必要があります。同居を焦るあまり、強引にコトを進めてしまうと、夫婦関係に禍根が残ることが多々あるので注意してください。

話し合いでは「夫との関係」も重視する

夫婦関係は、生涯継続する長期的な人間関係です。

そのため、話し合いで結論を出す場合は、「Win-Winの結論」を導くことが欠かせません。

「Win-winの結論」というのは、お互いが納得出来る結論ということです。

握手の図と注釈
結論には「Win-winの結論」以外にもいくつかあります。

例えば「Win-Loseの結論」というのは、「自分が満足している結論だけれど、夫は不満に思う結論」です。例えば「夫の意思を無視して、強引に同居に戻した」などが該当します。

反対に「Lose-winの結論」というのは「自分を踏み台にして、相手の好きな結論にしてもらう」というものです。例えば「夫が別居が良いと言い、自分は同居に戻したかったけれど一切意見も言うことなく相手の言うことに正したがった」などのが該当します。

あるいは「Lose-Loseの結論」というのもあります。これは「お互いが不満足になる結論」です。例えば「同居に戻さない代わりに、子供への面会も一切拒絶する」などのような形です。

夫婦関係は、話し合いが終わっても継続的に続いていくものです。ですから、「Win-Loseの結論」や「Lose-Winの結論」は現実的ではありません。どちらかが我慢を強いられるような状態は、いずれ夫婦関係を破壊することになるからです。

たとえば、今回の記事で紹介したような「同居を強引に決める」ような話し合いは、夫と「Win-Loseの結論」(自分だけが満足できる結論で、夫に我慢させる結論)を導いたことになります。

ですから、話し合いで「強引にでも自分の意見を押し通すぞ」と意気込みすぎている人は、十分に注意してください。

部分的に勝利しても、全体で失敗することになっては意味がありません。次回の話し合いで強引に勝利を収めても、夫婦関係を台無しにしてしまっては、何のための勝利だったのか意味が分からなくなります。目指す方向は、次回の話し合いで自分の意見を押し通すことではなく「Win-Winの結論」だと言うことを忘れないようにしましょう。

強引な同居は夫との関係を崩す

さて、「Win-Winの結論を導くために具体的にどう話し合いを進めれば良いのか?」、「逆に夫が自分の意見を強引に押し通すことばかり主張してくるんだけど、その場合はどう対処すれば良いの?」など、同居に戻すための話し合いの秘訣は、下記の夫婦関係修復ニュースレターで無料公開しています。関心があれば、ぜひ今の内にメールアドレスを登録しておいてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。