夫婦関係に悩んで気持ちが落ち込む

夫婦問題を考えていると、気持ちが落ち込んでしまうときがありますよね?「もう以前のような夫婦関係に戻ることはできないのではないか?」、「別居したままずっと同居に戻すことができないのではないか?」などのように、不安が伴うときもあると思います。

こういったときにスグできる元気の出し方について、今日はお伝えいたします。

ご相談者様ご相談者様

確かに私も最近、夫にどう対応しても切れられてばかりで、気持ちが落ち込みがちです。何もする意欲も湧かないのですが、こんな時にでも出来ることは何かありますか?気持ちが落ち着いたり、少しでも元気になれるようなことがあると良いのですが…。

気持ちの落ち込みに効果てきめん!

突然ですが、あなたは晴れた日と雨の日とどちらが好きですか?

実は夫婦問題の話し合いでも、晴れた日に行った方が良い成果に結びつきやすいのですが、そうなる要因の一つは、「青空を見上げること」にあります。

大阪市立大学の研究によると、青空などには癒やし効果があると考えられ、それを疲れたときに観るだけで、神経を落ち着かせ、集中力も向上すると言うことが分かっています。ただ、ぼぅっと青空を観るだけで効果があるのですから、これを活用しない手はありません。

姿勢が変われば気持ちは変わる

また、青空そのものの癒やし効果だけではありません。実際に青空を見上げると、顔を上向きにする必要がありますが、この『姿勢』も精神的な健康にプラスの効果を発揮しています。

そうです、青空をみようと思えば、顔を上向きにして、少し反り返ような姿勢になりまよね?これが精神的な健康に大いにプラスになるのです。

マドリード自治大学の研究によると、71人の大学生に対して、少し上を見て胸を貼った状態にした姿勢をとってもらうグループと、猫背で下を向いてもらったグループに分け、それぞれに自分の長所や短所についてリストで書いてもらいました。

すると、少し上を見て胸を貼ったグループの方が、自分のことをより肯定的に捉え自信を持てるようになっていたのです。

青空効果の2つのメリット

つまり、晴れた日の青空を観るという行為には、少なくとも2つの点で自分の精神的な健康にプラスに働きます。

1つは、青空自体が精神の落ち着きを促してくれるというもの。そして2つ目は、少し上を見て胸を春と言う姿勢自体がプラスに働くという点です。このように、ちょっとした元気をもらいたいと言うときには、1日に何度か、晴れた日の青空をぼうっーと眺めるということをしてみてくださいね。それだけで、精神的な健康に大いにプラスになります。

青空効果の2つのポイント解説
ただ「もし雨の日はどうすれば良いのか?」という点が心配になるかもしれませんが、実は青空効果は、実物でなくても写真を見るだけでも効果を得られます。なので、曇りや雨の日には青空の写真を眺めるようにしてみてください。

夫婦問題の話し合い直前にも使える

実はこの青空を眺めるというのは、話し合い直前にも効果的に活用することが出来ます。というのも、「ぼうっと空を眺める」という行為は、それ自体、脳の働きを整え、物事の判断力を向上させてくれるという調査結果があるからです。

実は人の脳というのは、意識的に活動しているときよりも、ぼうっとしているときの方が活発になっています。しかも、15倍程度も活動的になります。なので、夫婦問題についての話し合いがある日には特に「ぼうっと青空背を見上げる」という時間をとってみてくださいね。それだけで話し合いの姓かが変わるのであれば、これを使わない手はありません。

その他、別居や夫婦関係の修復で悩んでいる鬱々した気持ちを吹っ飛ばす、他の方法を知りたいという場合、ぜひ下記の夫婦関係修復ニュースレターをお読みください。別居の解消や夫婦仲の改善に役立つ情報ばかりでなく、精神的な健康を高めていくためのノウハウも満載です。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。