ご主人が約束を守ってくれたら、ご褒美をあげる。これは単純ですが、通常、利得を与えることは、その行動を強化してくれることになります。つまり、何か良いことを実践すれば、良いことが起こる、というこの単純な結びつきが、さらにまた次回、同じ行動を起こしてくれやすくする、ということです。

ただ、大人はそこまで単純ではありません。このように何らかの利得を与えることで、「俺の事を操作しようとしているのだろう」と解釈されてしまいます。特に、家庭内別居をしていたような状況だと、悪く解釈されるものです。

このような場合、どう対処すればいいのでしょうか?この場合は、例えば、「あなたがそれを守ってくれると信じている」ということを伝えるだけでもかまいません。

そして、その上で、約束を守ってくれなかったら「それはあなたらしくない、ふさわしくない行動だ」ということで叱責するという風に行っていきます。つまり、約束を守ったら利得を与えるのではなく、守らなかったら損失を与える、ということで「約束を守らない」という行動を減らしていこう、ということです。

いやいや、内の夫はもっと複雑なんです。と思うかもしれません。では、その場合のさらに効果的な方法は、夫婦関係修復ニュースレターで詳しくお伝えいたします。