別居中のご主人から、離婚のことや過去の腹を立てたことについて、不満を言われることがあります。通常、このような話を聴かされると、気持ちが圧倒されてしまい、もう夫婦関係を修復していくことは出来ないのではないかと感じてしまいます。

しかし、このような話が出来ると言うことは、実はとても良い傾向の1つなのです。というのも、ご主人に、ずっと不満をため込まれていても、いつまでも夫婦関係を前向きに考えてもらえないからです。不満をため込まれていると、いつまでも、不快な心の状態が継続してしまうことが多いのです。

ですから、もし別居中の夫から、次回あったときに、このような話があったときは、積極的に、話をしてくれるように促していきましょう。例えば、「○○の点をもっと詳しく教えて欲しい」という具合に、話をしてくれることを促していきましょう。

こちらとしては耳の痛い話もでで来るかとは思いますが、そうやって言葉にしてもらった方が、中長期的には不満も減少しやすくなります。