ご主人と別居をしていても、たまに食事に誘うなどのことを提案することは、適切な方法です。(もちろん、その提案をするタイミングや目的など、考える必要のある事は多々ありますが…)

このように、ご主人に提案をするように実践しても、ご主人からは、断わられる、ということももちろんあります。食事を断わったり、承諾したりというのは、ご主人のそのときのタイミングや気分なども大いに影響するからです。

 

別居中のご主人に対して、一緒に行動することなどの提案は、積極的にしてもらって良いのですが、断わる可能性はどんなときでも多々ある、ということは覚悟して実践していきましょう。そして、仮に断わられたとしても、そこは過度に気にせずに対応していきましょう。

例えば、断わられたとしても、「また、時間があるときに行きましょう」という返答をしておいてもかまわないと思います。

大事なのは、食事を断わってきたから、夫は、夫婦関係をやり直す気力がないのだ、というように過度に悪く解釈しないことです。これは、相手の考えを少し、深く読み過ぎているかもしれません。もちろん、その可能性はあるかもしれませんが、それでも、それを断定しすぎるのは良くないですよね。

自分の気持ちも、その分、落ち込んでしまいますし、今後のご主人への対応にも影響が出てしまうからです。相手の心を悪く深読みしてしまうことは、関係をより悪い状況に引き込んでしまいます。