こんにちは。夫婦やりなおし相談室アシスタントの森田です。

人は忘れていく生き物です。嫌な思い出はなかなか手放せずにいるのにいい思い出はいつの間にやら忘れてしまって…。別居になってしまった旦那さんもあなたとの過去のいい思い出を忘れてしまっているかもしれません。

ずっと前から嫌いだった、結婚生活でいい思い出なんて一つもない、ずっと我慢と苦痛の結婚生活だった…。良い思い出を全部忘れてしまって、ご主人からこんなふうに言われたら、ショックを受けてしまいます。絶望感を感じてしまう方もいらしゃるかもしれません。

でも、ご主人が良い思い出を忘れてしまった、というのは本当でしょうか?ご主人が言うように、嫌な思い出しかもう残っていないのでしょうか?

仮に、今、旦那さんと別居していたとしても、元々縁あって、結婚までしたお二人です。お子さんを授かった御夫婦だっていらっしゃるでしょう。いい時だってあったはずです。

感情に任せて真実ではないことを口走ってしまっているのか、単にいい思い出やあなたを愛していたことを忘れているのかもしれません。忘れているなら思い出して貰えばいいんです。

次に、ご主人と会うときには、二人の思い出のお店に行ってみる、過去の写真をみる、手紙を書くなどが過去を思い出してもらう用働きかけてみてはどうでしょうか。別居を解消するための1つのきっかけにもなるかも知れません。特に手紙は口ではなかなか言えないこと、口で伝えようとすると暴言になってしまうという方にはおすすめです。